読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



主治医の診断

考え方を変える材料 アスペルガー症候群(ASD)

先週の金曜日に復職の診断書を書いてもらったときにアドバイスをうけたことです。覚えられないのでカルテを読んでもらってメモってきました(汗)

・大休止するより小休止をこまめにする(これば既出)

・本質の開発業務を優先させ煩雑な雑務を減らす

 (これは職場環境によりますね)

・本人の要望に沿った職場の受け入れ態勢を伝える

 (上から目線だけど、ある程度の要求はしないと。。。)

・言葉の端々から過剰反応しない

 (努力します)

・言われたことをすべて真に受けない

 (努力します)

・相手の言動や行動を「流す」努力をする

 (努力します)

・大筋で物事を考える

 (努力します)

・わからないこと不明確なところは、すぐに相談・確かめに行く

 (重要要件です)

・計画を組む

 (苦手なスケジューリング問題と優先順位づけです。

  今後の大きな課題です。)

 

今日、速達・簡易書留で診断書を上司に郵送しました。

総務に日程を聞いたら12/22に産業医との面談となるようです。

復帰は1月半ば。

さーて、まだ考えることがたくさん。。。

 



スポンサーリンク