読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんのストレス

カサンドラ症候群

今、お義父さんが体調を崩されて、双子を夫婦の部屋で寝かせています。いつもは1階の居間の半分を2人の勉強机置きに使わせてもらっているのですが、寝るときはその部屋残り部分に布団を敷いておじいちゃん(お義父さん)と双子で寝てもらっています。

当初は2階の長男くんの2段ベッドで寝ていたのですが、体が大きくなったこと双子が居ると長男くんの気が散る。ということで、2階の6畳間は長男くんの部屋になりました。

今日も学校休みの長男くん。寝起きの悪い朝がバトルです。2時間目、3時間目に行かせようとしましたがダメ。気持ちが悪い、吐き気がするとのことなので病院に。。。連れて行ってもらいました。嫁さんに(汗)

ストレスの程度問題ですが気持ちからくる胃腸炎みたいなものらしくいろいろ薬をもらってきました。

 

これでも、嫁さん自体のストレスの度合いは2ch風に書くと

おいら>>長男>お義母さん>>>双子>>>>>>仕事や家事

だそうです。

摺り込まれているんじゃ?と聞いても、おいら自身が気がつかないアスペっぷりには普段から気を使ってストレスになっているそうな。慣れているし、言うと怒られるから言葉を選んでいるとサラッと言われます。

そんなにヒドイことを嫁さんにしてるのかって、実感がわかないところがマズイところなんでしょうね。。。

朝起きるのが遅い、長男の世話(毎日の学校行けアピール、病院の付添)、家事に非協力的(洗濯、炊事、風呂洗い(通常はお義父さんがやってくれる))、まあ挙げたら切りがないですね。

 



スポンサーリンク