読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



むずむず脚症候群

疾患その他

レストレス・レッグス・シンドローム(RLS)、アメリカではエクボン症候群と言うらしいです。

睡眠や交感神経系に原因があるらしく、症状としては、足が中からむず痒く、マッサージしても筋肉の違和感が消えない症状が寝る前や就寝中に起こります。

一昨日あたりから双子の1人が風邪であろう熱でいつも、お爺ちゃんと寝ているのですがお兄ちゃんや私たち夫婦の部屋で寝ています。治りかけなんですけど、ここ2,3日突然起きて、落ち着かずに歩き回り、寝ぼけているのかと思いきや手をぶんぶん振り回し何か、不快な感じを表現してます。

恐い夢を見たのかと本人は思っているらしいのですが、身体の不快感をうまく伝えられない様子。

昼間には見せなく、目もぱっちり開いて奇行を繰り返すので、今日の夜中観察していてピンときました。

自分も関西に行っているときに、うつ病前後になりました。神経の興奮を静めるために、抗てんかん薬のリボトリールを増やされましたが効かず、パーキンソンの治療に使われるドーパミン受容体作動薬のビ・シフロールをもらっていて頓服薬として使っていました。量は難しいのですが、0.125mgというかなり刻んだ錠剤を症状が出たら4~6錠飲んでました。特効薬的に効くので10分もすれば治まります。

ここ2年くらい自分では出ていませんでしたので忘れていました。医者から大人に処方された薬を、素人判断であげるのは良くないことですが、かなり起こったら重い副作用がある薬と認識して、1錠だけ多くの水で飲ませました。3回ぐらい頻繁に起きていたのが治まった状態です。

 

疾患のデパートで自分で情けないですが、このRLSはどうやら遺伝することがわかってきています。遺伝子の設計図に渡っていたら子供には申し訳ないなと思っている次第です。

 



スポンサーリンク