読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



よろしくお願いいたします

ブログ一般

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

いつもなら、年が明けてから、じいちゃん、ばあちゃんも含めて近くの神社に初詣にいくのですがこの通り大雪。

f:id:multiplier:20150101151259j:plain

2階の階段窓から外の道路を撮影。0:30ころ。スマホのカメラなので雪の降る勢いだけでもイメージして頂ければ。

クルマで出ればなんてことは無いのですが、神社の徒歩部分が山道で危険なので、一度寝てから起きてからということに一旦なりました。

年末の撮りためていたTV番組を見るのに区切りをつけだ1:30には雪がやんでいました。もう少し大きい、この辺りの地域を統括している?平地の大きめの神社に急きょうちの家族だけ行くことにしました。お伊勢さんとこの神社のお札を買って帰りました。寝たのは3:00。

実験のため、むずむず脚症候群(RLS)の双子の片方には薬を飲ませませんでした。やはり1回起きてしまったようです。後で聞いたら、2週間前くらいの熱がでてから夜中に4,5回は起きるようになったそうです。何がトリガで発動したかわかりません。1回ぐらいならまだ良いそうです。どちらにしろ年明けには小児科経由の神経科に連れていかなければ。。。

んで、自分自身は心身のスタートがあまり良くないですねぇ。困ったものです。

 

ともあれ、読者の皆さま、よろしくお願い致します!

 



スポンサーリンク