読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



再度タイトル変えました

メンタル一般 アスペルガー症候群(ASD) カサンドラ症候群

復帰前の不安なのか、気圧が低くて体調が悪いのかいまいち心身ともに調子が出ません。4日に前の会社を早期退職する後輩と会ってきました。久しぶりの街中で人混み嫌いになったか、運動を兼ねて30~1時間の散歩で疲れちゃっているのかもしれません。

とにもかくにも世の中はすでに動き出して2日目。今回の原因究明と対策の宿題とかあります。別に追い詰められている訳でもなく、職場に伝えるべき項目もブログのペースでまとめようと思っています。この部屋に来ていた子供たちは8日から学校ですが、すでに部活やサッカークラブが始まっていて昼間は私一人の状態。椅子が置けるスペースもできデスクトップPCで作業ができます。

年末年始のバタバタで、考察も前篇のままですし、ブログも復職してからも業務軽減期間中は続けられそうです。

嫁さん曰くの全体的に私に求めることは、私のアスペ言動・行動、NGワードにすでに法則性を見出し、その部分は対処できているみたいです。ただ、嫁さんもSNRISSRIを服用している以上、私もタイトル通り普通でないところを気がついて対応しなければいけないのですが。カサンドラ嫁さんの意味合いには暗に迷惑をかけまくっている職場の同僚や上司も含まれています。

 

嫁さんのとりあえずの私への要求。

・社会人として・家族の稼ぎ頭として復職・継続出勤できるように。

・心身の不調、家族的に不安になるような言動はできるだけ避けて。

とのことです。

まずは、このあたりから心がけます。



スポンサーリンク