読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



職場復帰!

うつ病 メンタル一般

おはようございます。

ご報告が遅れてすみません。職場復帰しました!3日目の朝です。

この会社の復職プログラムが産業医からの指示で、2週間は半日、2週間が全日残業なしと段々もとに戻していくパターンみたいです。

前記事で励ましのコメントを頂きましたが、半日とはいえ環境ががらりと変わったため、夜になると結構負荷がかかっていることに気づきます。「流す」「考え込まない」ようにはしています。私の休職でいろいろ1次的、2次的に問題が発生したらしく、上司との面談で言葉を選んでくれている配慮には頭が下がりますが、端々に「とげ」を感じてしまいます。

気にしていた3月末契約終了も、ありがたいことに別プロジェクトで4月からの派遣的な位置行けで1年間は確保してくれるようで、このご時世大変ありがたいことと捉えています。しかしながらやはり「出て行ってくれ」感が否めず(これが私の悪いところ?)、また次の同じ業種の職場探しを並行して行うことになります。

いまのところ、なるようになれ!の精神で行こうと思っています。

 

追記:やはりアスペはKYのようで、周りにどれだけ気を遣わせ、頼っているかに対しての感謝の気持ちが欠けているようです。さらに恩を仇で返すような勢い。。。うまく表現できませんが、支えてくださるみなさんありがとうございます!

 



スポンサーリンク