読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



睡眠の重要性

メンタル一般

こんにちは、

いろいろ、記事が途中で滞っているとことがりますが、まずは昨年末に面談した産業医とのお話しと指示。

1日の時間配分を睡眠時間を確保してから残りを決めてください。

産業医は精神科医ではなく、専門は呼吸器系らしいのですが、いろいろ似たような事例を見てきての勧告・忠告ならず指示です(笑)

とにかく睡眠時間を確保しないと心身が休まらず悪循環に陥ると。

例えばやりがちなのが、仕事8時間+残業4時間で12時間。通勤、家事、家での活動で6時間。残りが睡眠時間で6時間。仕事が午前様にかかる技術職だと残業がさらに2時間。削られるのが大抵睡眠時間でこの場合4時間睡眠となります。

考え方として家での活動は統計もあるそうですが5時間はかかっていてこれは動かせないようです。ここで、先に睡眠時間を7 or 8時間と決めてから、仕事のほうのやりくりを決める方法でスケジューリングをするとのこと。

主治医とのやり取りも後日書きますが、睡眠にも言及していて時間と質だそうです。私の場合SAS治療を受けていますし寝入り場は悪くないので寝るぞと決めたらすぐに寝られます。寝落ちが多く、CPAPつけ忘れが半分ぐらいですが。。。

まずいことに復帰1週間ぐらい前から寝るのが遅いですね。改善せねば!

 



スポンサーリンク