読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



やっぱりしんどいかな

ブログ一般

特に与えられた仕事といえば、4月からの契約更新用の非正規雇用のための新たな契約職務にエントリする履歴書、業務実績、業務目標等々の書類作りです。

ここでは、複数のプロジェクトが並列して走っており、どのプロジェクトに所属するか(させてもらえるか)もどうやら流動的です。

同僚や後輩から現状の職場の状態を聞いていますが全体像が把握できていません。

技術的なお話は結構できますが、(苦手でもある)予算などの運営の話にはついていけません。すでに休職前の私のキャンセルした出張代の処理が滞っており問題が発生しています。

正直な話、やはり人と話をすると発汗が伴いますね。無意識に緊張しているようです。昼過ぎには人目もはばからずに逃げ帰る形です(汗)前の会社では定時退社でしたが、この雰囲気だと午前中出勤が正に適当です。職場としては規模が大きくないので、すぐに仕事してもらいたい感じがものすごいです(勝手な思い違いかも)。

職場自体が忙しいのはわかっていますが、下手に首を突っ込んで休職開始時にトラぶって自滅したようなことにならないように上からの指示通りに動きます。

何と言っても、ぶり返したら休んだ意味が全くなくなってしまうので。。。



スポンサーリンク