読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



昨日は疲れました

アスペルガー症候群(ASD) メンタル一般 考え方を変える材料

昨日、上司に昼前にある大きなプロジェクトの技術的な部分で、前の企業での経験を生かして立案または助言を「毎日1時間数行」でも良いからレポートして欲しいとの要求がありました。

ここで私がいけないところ、気を遣ってもらったのもあり、内容が完全な得意分野で、数行と言わずパワポで16枚の資料を作っちゃうところがダメだな~。事務仕事は降ってこないし割込みも入らないので没頭しちゃって止め時がわからない(笑)先の自制心の欠如にも関連がありますね。

2年の大まかなスケジュールが決まっていて、すでに存在するもの・実績のある回路を再利用しつつ、新しい部分を追加したときに如何に最小限の回路変更で効果を出せるかが課題です。明日、明後日の期限ではない意見レベルを求められているのにそれに気づかない。昼で帰る復帰プログラム中です。定時ごろになって「オレなにやってるんだろ」って。しかも、好きな仕事内容とはいえ結構疲れてるし(笑)。

あいかわらず仕事の力配分が出来ないことに気づかされました。資源も体力も気力も有限なので、今後気をつけます。。。

 



スポンサーリンク