読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



良くない安請け合い&計画性の要改善

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

時間はあるのですが、仕事が本格化しブログの更新が滞ってしまってます。

実質、雑用はほとんど無く、仕事は自分で作業ができ、自分で解決できない部分は同僚なり後輩にしっかり数学の問題のような形で聞くことができますのでストレスはありません。

ただ今1件私責任のボスの上層部へのプレゼン資料作成を依頼されており、私の勤務時間制約の間での打合せでなかなか収束しません。ただ、職場は優しく、まず、

・直接はそのスライド作成に関わっていない同僚にボスの意向のお伺い用の「50%品質」のスライドを作ってもらいました。

・ボスのほうも何回かの打合せでいつもは口だけで私の苦手とするあいまいな表現(そのときは何となくは理解するが持ち帰ると思い出せない)をホワイトボードやたたき台の印刷した紙に書き、「具現化」してくれます。

このように、前者でまず0を1にでき、後者で溜め込んで悩むことが無い配慮に感謝です。

2,3度目の発注があったとき、打合せは午前中で終了。修正後の次の打合せが次に日の9:00になりました。ところが本業の技術仕事、後輩への指導再開で気が付いたら定時17:15。スライド修正は手についていません。

時短勤務の関係で居残ることができず、結局、自宅に持ち帰ることに。ところが、昔から家に持ち帰った仕事が進んだ試しがありません。やる気になったのが0:00を回った時。修正には3~4時間は必要と見積もっており、いつもなら午前様で作業をはじめるところを全体効率を考えた場合の睡眠時間確保を優先させとりあえず寝ることに。ちょっとだけ手についていないことを気に病みながら5:30に目覚まし。入眠はいつも通り問題なく、起きて6:00から部屋も暖房で暖かくなって頭もはっきりしてから作業開始。1時間半で頭を使う重要部分は完成し、簡単な朝食を済ませて7:40出勤。いつもなら渋滞で1時間かかる道のりが運良く30分で職場到着。8:00から残りの作業再開。2時間半の作業でなんとか形になりました。9:00に間に合ったってことですね。

まだ、頑張れていたころはこのような仕事は3並列ぐらいでこなしていたのですが、現在の私には今回の安請け合いは大誤算でした。

打合せ後にすぐに修正作業を始められればよかったのですがそろそろ何種類かの仕事が散在してきたのではじめからの課題である「スケジューリング」およびアップデートをある時間ごとに行っていかないと前回の二の舞を踏む(二の足を踏む/二の舞を演じる、の誤用とわかっていていますが、多用されているのであえて。)ので、次は気をつけます。

 

表現、誤字修正2/15 11:17



スポンサーリンク