読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



イジメ、いじめ

ブログ一般 アスペルガー症候群(ASD)

FaceBookのお友達の記事から。鴻上さんの発言を引用します。

自分の過去を中途半端に語った記事がありましたが、アスペのおかげで小学校、中学校で奇特な行動が多く、特に中学では「出る杭は打たれる」的なことで、ひどいイジメにあいました。過去の変えられないネガティブな考えをやめて。。。と思うのですが、アスペも手伝って、何をされたか克明に覚えています。

地獄から抜け出したい、イジメ側の当てつけもあり自殺も一瞬考えました。いまでも時計の針は止まったままで当時の記憶がよみがえります。子供を持つ親になっても奴らには復讐してやりたいです。自分たちの過去の悪行など心の片隅にもなくのうのう生きているのが許せません。今行って謝罪を求めても「あんた誰だっけ?」でしょうね。よく聞かれます。じゃあどんな仕返しをすれば気が済むのか。私の答えは「同じ精神的・肉体的苦しみを味わって記憶に残してください」です。非建設的・非生産的・負の連鎖、なんとでも言ってください。大きくなってから見返してやれとも言われましたが、そんな間接的・相対的優位性なんてぜんぜん癒しにもなりません

ただ、鴻上さんが言っているように、現時点で悩んでいるいじめを受けている人たちへ。自分の死を持っても加害者は反省なぞしないでしょう。当事者意識がないのですから。だから自分からの死は絶対ダメです。

逃げる、学校に行かないのはアリだと思います。死への逃げはダメですよ。

当時の私は親も厳しく学校に行かないなんてなったら怒られるので仕方なく行ってました。すでにいじめられるのにマヒしてましたから。高校に受かってから初めて親に打ち明けましたが、反応無し(というか、さめざめと泣いて地獄の2,3年を報告する私にどう対応して良いかわからなかったのだと思います)。母に至っては、泣いてはくれましたが、もらい泣きだそうで、当時唖然としました。

親や先生に相談しなかったのは、匿名で申告しても結局チクった報復を受けるのがわかっていたので。

加害側をどうこうするより、「自分の逃げ道」を準備する選択は非常に有用だと思います。 

 

いい大人になっても20年も昔に受けた陰湿な苦痛をコントロールできる人は、成長して考えを切り替えられるよっぽど人間ができた人か、加害者および中立だった人だと思います。私の場合は、アスペの、出る杭、異常な記憶力、考えの切り替えの困難が、このネガティブ発言をしていると考えます。


「とにかく逃げろ」「死んでも、やつらは反省しない」 いじめられてる君へのアドバイス 劇作家・鴻上尚史 (withnews) - Yahoo!ニュース



スポンサーリンク