読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



夢。。。

メンタル一般 お仕事

f:id:multiplier:20150311111243j:plain

仕事はほどほどに(してもらっている)。

生活習慣の乱れを直さないと。睡眠時間の確保。就寝時間がまた深夜にずれ込んでいます。

明け方、REM睡眠で夢は半分ぐらい覚えているのですが、今日の夢の内容は、上司から進捗の遅れと理由、挽回の対策案を説明している場面でした。

誰が上司?とか、顔とかはぼやっとしていて、人間関係と状況だけがはっきりしています。おそらく、前の会社で休職したときと今回のが混ざっていると思います。

でも、雰囲気からして直近に近かったような(笑)

仕事できる人なら、(部下も含めて)予期せぬ事態の仕事の遅延のリカバリー案とかスケジュールの組直しがすぐにできると思います。仕事が遅れている訳ではないのですが、いろいろ不確定要素が多くて不安なんでしょうね、と自己分析してみます。

 

今日は、震災から4年ですね。当時は関西、現在は実際被災体験のない東北の地が職場なので複雑な思いです。



スポンサーリンク