読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



修正&再投稿完了

お仕事

f:id:multiplier:20150325152837j:plain

(マジで)ありがたいことに上司から2本とも,再修正案が来まして,1本目は自分のアカウントを作成してWeb投稿だったので,すぐに差替え完了しました.

もう1本の後輩のは,上司の変更点を見つつ,よくよく全体を見ると切り貼りによる致命的なミスが2か所.自分(私)が書いた部分で説明が当初と大きく異なっている部分が1か所(1パラグラフ分),あと図が2か所間違っているのを発見.文章に関してはすべて直して,図に関してはかなり古いバージョンのPPT(パワーポイントファイル)を後輩からもらっていたのでそこから作り直し.なんとか午前中には最終版PDFを完成させたけど,彼のアカウントでないと差替えができない.

外出中の後輩を呼び戻して午後一で差替え完了.すでにサマータイムに入っているとのことで1時間早まって日本時間で火曜日14:59が締切でギリギリでした.

というのが昨日の話.すでに今日ログインしたら「Paper submission is closed.(論文投稿は終了しています)」で差替えも不可能.あとは,結果を待つのみです.

実は,国際学会(査読付き)より,雑誌に載る登壇発表しない学術論文誌のほうが実績としては数倍上です.ただ,掲載まで1年とかかかるのが普通です.新分野のネタなどは,査読コメントが無かったりして不採録になることが多いので,人前で発表して聴衆の専門家から直接意見をもらってから再検討して論文化したほうが,査読と修正のやりとり回数も少なくなり,あわよくば半年で掲載決定になるというメリットもあります.

まあ,何にせよ,書きかけのものが数本あるのでそれもやらなきゃ.

実務の設計もあるし...

 



スポンサーリンク