読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



まだまだ青二才&書き出すことの重要性

お仕事 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20150327095048j:plain

ブログのタイトルに反して,嫁さんへの対策案が練られていないのが問題ですね.

というのも仕事も体調も本調子じゃないとはいえ責任や忙しさが増してきて自分のことで精一杯てところが現状です.

3日ぐらい前,注力してる設計業務の上司への報告会が設計担当3人からありました.2週間ぶりかな.政治的な理由で,いろいろ設計に足りない材料や数値などの資料が無いものの前回試作したものでそれなりの結果が出ています.

結果から言うと開始というと,上司が先に来ていて集合が2,3分遅れてしまい,確かに約束の時間に遅れたことや遅れそうなら事前連絡をするという社会人ではごく当たり前の行動ができなかったことには平謝りでしたが同僚の言葉を借りれば,上司のスイッチが入ってしまったらしく「会議の開始時間が守れないようなのほほんとしている仕事ぶりならこの設計止めちゃってもいいんじゃないの」という発言に,流せずカチンときてしまった自分がまだまだだな,と思った次第です.

上司は管理職側で忙しくやっと時間を取っているのにという感じで,こちら(といっても私だけ?)は,試行錯誤をしながら到底達成できない目標(中間評価に向けてと研究なので目標変更や目標の解釈変更はアリ)にいろいろなアプローチで調査・設計・評価している現場の努力を一蹴するような発言を流せない自分がいます.

まあ,この記事を書くことで,流すことを宣言します(笑)

前の企業で大した発言を流せず在籍部門の上司とケンカになったレベルのものなんですね,要は.

資料準備に手間取ってしまったものの,すぐに始められた会議も1時間遅らせ仕切り直し.上司の異常なほどの,報告の進捗や技術的内容に対する「褒め」が,上司のクールダウンし言いすぎた感をリカバーしている感は,アスぺの私でもわかりました.仮に違っていても,考えを切り替え,それと相殺できれば良いのですが...捨て台詞でも度が過ぎてるだろ?が見過ごせないところがまだまだ休職の宿題を達成できてないんだなと思いました.

この件を,その日別件出張で参加できなかった同僚に話したら,「やっぱり会議に遅れたほうが悪いのでは?」とのこと.同僚はソフト開発に強く,私のようなハードウェア屋にCPU乗っけてベンチマーク(指標用プログラム)で何を走らせるかを担当してくれています.本来,作業は無くとりまとめ役なのですが我々の進捗状況や成果も同じ部屋,同じ島なので熟知しています.

技術・研究の実務に長け,理不尽な要求には役員であれ説明を求め,納得いかなければNo!と言うことができるその同僚がさらっとそういうのであれば,自分の思考フローに再考の余地があるのだなとの感じさせられました.もともと,企業でも研究機関でも無駄の会議の多い日本で,なんとか減らすことができないのかとの幻想を抱いていた先入観もあったせいでしょうか,多すぎる会議にはルーズかもしれません.発言もしないような会議は出てませんし.

いわゆる上司目線,相手の立場だったらということがまったく考慮されていないことに気が付きました.といっても,上司はいつも言っています.こんなに忙しいんだ見てわからないのか,とか,これだけの仕事をこなして成果を出しているんだ他に手が回らないのがわからないのか,のようなものは職人気質でしかなく(一般の職人の方々の技量を否定している訳ではありません)自分から状況を発言して組織として上手く回るように打合せが必要だと.確かに,詳細をわからないマネージャから見れば,内容より進捗状況や,問題点が有るのか無いのかのほうが重要事項ですね.くやしいですが,出来上がった成果を褒めてもらいたい幼稚園児なみの思考ルーチンでした.

今回の件で2つ得たものがあります.

1つめは,こうやって書き出すこと.関西に居たときの当時の主治医の病院内カウンセラーがまず指示したことです.

・相手に伝える資料になる

・書くことで考えがまとまる

・自分を見つめ直す効果がある

日記を書くことも良いそうです.忘れてしまう過去の自分をを振り返ることができるから.このブログも先の人や,同系列の方々の賛同を得たいがために始めたようなものでしたが,他の効果も出てきたようです.

2つめは,同僚に話すこと.あるいはある程度腹を割った話しができる同僚・同期がいること,です.

最初の会社では,同期・同僚が多数いました.部署を転々としましたが(悪い意味ではなく,先端的なことをやっていたため構成人員はほぼ変わらず成果が出る事業部が逐一変わった)少なくとも5,6人は歳の差はあってもそういう人が常にいて,バカ話もできストレス発散にもなりましたし,公私の相談もできました.自分の考えの間違いも指摘され納得できました.転職後は,同僚がほぼいなく孤独感が半端なかったですね.アスぺ云々でもなく考えも堂々巡りする訳ですね.

 

といったわけで,今回の一件が,やはり書いてみて大した事象ではなかったことと,記事後半の得るものが多かったことを明記して終わります.

 

追記:軽く推敲したのですが2,000文字超えてるんで,ちょくちょく本文修正しています.記事タイトルも変えました.

 



スポンサーリンク