読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



週末の行動

考え方を変える材料 メンタル一般

f:id:multiplier:20150406160123j:plain

後で、嫁さんもこの記事を読むと思いますが、先週末の嫁さんに対する態度がかなり無愛想でした。先にも書きましたが心身ともに本調子ではなく、休職時の土日モードにはなれない状況にあります。

洗濯も干さない。長男くんの勉強もあまりアドバイスしない。双子の世話もおざなり。もちろん、その他、家事を手伝わない。とここまで書くと非協力的な夫という感想を持たれますが、否定はしません。家のことは嫁さん任せです。

ストレスの入れ物と行動エネルギーの入れ物の話をいつかしました。中身が前者は少なく、後者は多いほど良いことになります。休職時寸前は、ストレスの入れ物があふれて、エネルギーが底をつきかけていたとの主治医の表現です。

現在、確かに、ストレスがたまる要素は少なくなりました。仕事量も激減してますし、考え方も幾分変えているせいかストレスの入れ物はかなりの余裕があります。なぜか、行動するためのエネルギーが少ないままです。

眠りの質が悪い。気晴らしができていない。楽しいことが無い。何事にも興味が薄れている。とにかくモチベーションが上がらない。などの理由がありますが、原因がわかりません。

ただ、1月中旬に復帰してからしんどい月曜日も大丈夫で、病欠が一度もないことは産業医も驚いていました。まあ、これは仕事方面の話で、嫁さんを手伝っていない問題の解決にはなっていません。

嫁さんの何気ない要求にパワーが出ないのです。先週はやっていたかの判断さえつきません。もちろん、要求には嫁さん特製アスペ用詳細説明がつき、実行期限も大体ついています。何なんでしょうね。やらなかったり、かなりの遅延が出たりで自分でも悪いなぁとわかっているのですが。

とにかく、エネルギーの源が欲しいですね。それがいったいなんなのか。。。

気の持ちよう??

 

追伸:全く家の仕事をしていないわけではなく、インフラ関係の保守、大きなお金が動く契約や面倒くさい手続きなどは一手に引き受けています。私の小遣いも含め細かいお金の管理は私がズボラなんで家計簿は嫁さんに任せています。

あと、言ってませんでしたね。「ごめんなさい」



スポンサーリンク