読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



読者・訪問された方に感謝&私の文章

ブログ一般 理系/文系

まとまりのない私のブログに星や色星をつけてくださりありがとうございます。アスペ特有のくどい文章ですので斜め読みでも結構です。新たに読者になられた方にも感謝です。

 

論文は基本的に英語ですが、日本での発表予稿、研究計画、報告書等々は日本語です。ボスからの数少ない(笑)納得する教えで、英語に直らない(英訳できない)日本語の文章は不完全で改善しなければならないとのこと。もちろん、計画書、報告書のたぐいのことを言っており、小説などの文学的なものは関係しません。主語が無くても通じるあいまいさが許される日本語文章を誤解されず伝える文書を作る際の心がけです。

といって、このブログは対象外です。すみません。。。

ブログでさらっと書いていて気になっているのが、逆接の「~ですが、」が異常に多いことです。しかも逆接にもなっていないことも多々あり。文章を切っても通じるのに複文にしたがる傾向があるようです。時間のあるときは推敲しています「が」、3センテンス連続に「~が」が入っていたときは、さすがに修正しています。推敲していないのはそのままになっているかもしれません。すでに、英文にできない文章のくだりの冒頭で「が」が使われています。逆接の意味も間違ってはいません「が」、やはり論説調の私のブログでは気になるところですね。わざとやっています「が」、カッコが付いていない が は主語に付く格助詞と認識して書いてます。まあ、そこまで気にしてたらそもそもブログやっていません(笑)ちょっと成長したと思うことはありますね。10行ぐらい書いてから脱線に気づいて、ババッとBSボタンで消し去ります。

感情的になっているときはこの限りではありませんのでご容赦を。疲弊しているときは更新が遅れます(笑)

何はともあれ、今後ともよろしくお願いします!



スポンサーリンク