読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



カサンドラ症候群の嫁さんに何も策を講じていないのか?

カサンドラ症候群

長文です。

投稿者さん無記名でしたが、内容がしっかりされているコメントなので承認しました。さらに久々というより初めてのブログタイトルに関する、手厳しくも的確な意見を頂いたので引用かつ回答をさせていただきます。本文への引用および回答が気に障るようであればその旨コメントください。コメント受取り確認時、記事ごと削除します。

まずは、ありがとうございます。結論から言うと、おっしゃる通りでぐうの音も出ません。あと、やはり第三者の方に指摘されると的外れや煽り出ない限りハッと気がつきますね。改善すべきところ満載です。ちょっと脈拍数が上がっています(笑)

 

> うわ、、そういう姿勢だと、奥さんはカサンドラのままじゃないですか?
> 自分は大変なんだ、だから、これくらいいいだろう、
> 奥さんだから許してくれるだろう、
> ありがとうって結局言えてないからここで書いとけば懺悔になるか、、、
> という風に見えてしまうと思います。

全く「ありがとう」の言葉を言っていない訳ではありませんが、普通の旦那さんに比べて直接言う機会は少なすぎると思っています。

復職して平日の仕事が大変だから休日ぐらい休ませてくれても良いだろう。これはいけませんね。確かに休職時には体力や精神力が戻ってきて、家事、子育て、勉強をそこそこ手伝ったりできていました。

 脱線します。嫁さんも「知るか!聞きたくない!」の仕事内容にちょっとだけ言及すれば、確かに「うつ病」休職になるような激務は無くなりました。むしろ私の経験を活かせる仕事を任されています。ぐだぐだ書きましたが消しました(笑)とにかく2週間くらい遅れが出ていまして、心身ともにちょっとしんどいです。この状況を上司に説明していないのも私自身の働き方で直すべきところの問題です。土曜出ることはなくなったので金曜の夜が待ち遠しいくらいちょっと息切れ気味です。脱線終わり。

そうです。自分は大変だから、許してくれと甘えています。家に帰れば家族ですから、私の家族への最低限やるべきことがあります。事細かに決まってはいませんが、復職してからはかなり減らしてもらいました。論点がずれてますかね。平日もパートから帰ってきて、土日も家事や子供の世話をほとんど任せてしまって一週間休みのない嫁さんに直接ありがとうが言えないのをここで書くことで恰好をつけている。否定はしませんし、投稿者さんにはさらに落胆させてしまうでしょうが、今回の感謝の言葉に実はあまり重みがありません。冒頭に書いたように指摘されていろいろなことに気づかされています。

読み返しながら書いていますが、もう直しようがないのであまり修正はしません。あと、ありがとうを言えないことで気づいたのは、気恥ずかしい頑固オヤジになっている素直になれない自分も客観的に見てとれます。

 

> カサンドラの奥さんも毎日色々思うところを抱えながら、家のことも頑張ってるんじゃないですか。
> あなただけが大変なのでしょうか?

後でも投稿者さんが述べていますがASDなのか理系なのかわかりませんが日々の生活の活動を一緒くたにして質、量、時間等を掛け合わせて定量的に比較しようとしている節が確かにありますね。おもしろいことに気がつきました。考え方が健常者と次元が違うとの自論を述べましたが、会社の仕事、家事、嫁さんとの買い物や会話、子供たちの触れ合いをDutyとして同じ土俵にのせています。これはマズイ傾向ですね。会社は会社、家は家。

 

> 奥さんはそうされたらどう感じるだろうと、
> 知ろうとしてますか?

ごめんなさい。これは昔からわからないです。特に「感じる」部分が。努力はしていますがこればかりは、嫁さんだけでなく、友人、同僚に共通して、口で言われなければわかりません。誤解しないでくださいね。開き直っている訳ではありません。行間や場の雰囲気が読めないです。いくら気にしていても。。。結果、空回りするか、場違いな行動をして問題を何度も引き起こしています。

この辺りは嫁さんが先回りしてくれ「直接口で指示」をしてくれます。あとで、言われたり、思い起こしてみてこんなにバタバタしているんだから手伝うべきだったんだろうなと気がつく「ことも」あります。毎回は気がつきません。

いろいろなASDの旦那さんのブログや、その奥さんの日記等をみていますけど、スペクトラムというだけあって十人十色ですね。ただ、逆切れするのは論外で、全くの空気を読めない鈍感ではないとは思っています。


> 他の人には気をつけても、奥さんまで労わる余裕がないって、奥さんと自分の区別ができてますか?

痛いところですね。結論から言うとできていないです。「労わる」というのは自分がアスペということがわかってから、非常に難解な行動であると認識しています。労うことも同様、子供や職場でも後輩を褒めたりするのが下手です。でもこれは簡単なので実践はしています。特に子供には自分が持てなかった「根拠のない自信」を持ってもらうためです。

いろいろ考えさせられますね。健常者の方も全く同じ考えや意識の人はいないでしょうから差が出てしまうのでしょうけど実行されていますね。新婚時代や長男が生まれたてのころは、まだ仕事も研究職ではなく体力や気力もあり余裕があったので協力をできるだけしましたし、考えのすれ違いもスルーできました。これは「労わってきた」と思っています。愛情がなせる業で新鮮だったからでしょう。お恥ずかしい話、嫁さんへの愛情は新鮮味が無くなったとはいえ9割以上は維持できていると思っています。ただ、ご指摘の通り労わりの気持ちや行動がほぼゼロの状態なので思っているのと実行の乖離が激しいです。


> 奥さんは、言わなくても全て自分のことを分かってくれる一心同体の従属物ではないです。

これは、わかっています。直接言われましたけどアスペと知っていたら結婚してなかったとまで言われています。前述のとおり、私の不感症の部分は口に出して言ってくれますし、混乱を招くような要求はせず、細かい指示に分けてくれます。一回目の私のうつ休職の「もらいうつ」で非常に良い精神科の女性の先生に、私の操縦法と最後の手段を伝授されたらしく、この変化はさすがの私でもわかりました。

嫁さんでも親でも子供でも他人ですし、一心同体とは思いません。わかってくれなんて考えてもいないです。ただ、嫁さんには私の思考フローやパターンが読めてきたようで、イライラを抑えつつも私をうまく私を操縦しています。まあ、健常者だったらイライラもないですし、操縦する方法も必要ないのでストレス溜まることはないのでしょうが。

ここのところ、私に頼んでおいたことが滞っており、イライラモードですが、昨日は意図してか私が動くような方策で、帰宅時に作業を開始しました。まだ終わってませんが。

従属物というのは毛頭思っていません。嫁さんの心底は測りかねますが私は良きパートナーと思っています。私の行動が外部から見て亭主関白のように見えてしまい、そのようにはちょっとだけ感じられるかもしれません。

 

> ありがとうは間接的にブログに書くのではなく、
> 都度都度、相手に言ってあげてください。
> それを省エネするって、、。
> 相手を労わろうという意図が伝わらないし見えません。

種明かしは先にしました。省エネどころか。。。あと、普通の労わるという意味で混乱しており行動に起こせないでいます。気が付いたら手伝ってあげることは休職時の心の余裕で心がけてはいますがその気がつくエネルギーが尽きかけています。ちょっと違う話ですかね。

ありがとうをその都度言うことには努めます。

 

> 意地悪でされてるのではないと思いますけど、

それはないです。

> 自分の辛さばかり主張して、
> 相手を慮れない傾向があるのが自閉症スペクトラムの方の特徴としてあるので、

これは耳の痛いご指摘ですがごもっともです。開き直っている訳ではないのですが、嫁さんをはじめ他人の胸中の細かいところを推し量る能力には欠けます。

> 奥様のカサンドラを軽くしてあげたいという気持ちがあるなら、
> 毎日でなくとも、
> 時々でも、相手に負担をかけまいとする姿勢をみせる、
> ありがとうを細やかに言う努力をしてみると、
> 奥様のカサンドラは軽くなると思います。

そうですね。「姿勢をみせる」というところは十分な共感を得ました。確かにここのところ心労で週末やさぐれモードにかまけてダラダラと過ごしていました。嫁さんの「指摘すると怒るから」放っておいてもらったのも感謝ですが、散歩でもして来い、ってのはまず聞き入れて行動すべきですね。よく「良くなる(健康になる)つもりはあるの?」という問いかけはされます。気にはかけられているのだなと思って子供を連れて重い腰をあげ公園にでも行こうかと思います。一度トリガがかかればあとは動けます。ただ、子供のように歯止めがきかないのでぐったり疲れて帰ってきて疲労回復が本末転倒になっていること多々ありですが。

まずはご指摘の通り、ありがとうの言葉を口にする努力はします。体が重くとも口は動きますので心がけ次第ですね。

以上、一石を投じて頂きありがとうございました。

 



スポンサーリンク