読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペ夫&このブログの基本スタンス

ブログ一般 カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20150415132532j:plain

私は、発達障害でアスペルガー症候群:AS(DSM-5ではASを無くしASDに統一)を40過ぎで診断され、幼少からの奇特な行動に納得しつつ、人生の生きにくさを今さらながら認識させられたものです。

うつ病休職を2回経験し、そのうつ病がASの2次障害であることを再認識させられ、そのときに立ち上げたブログです。当初は個人的な休職時の簡単な宿題であった自分を見つめ直す、もしできるのであれば「どうすれば再発しないかを考えてみる」という覚書きでした。ブログタイトルもそのようになっていました。

休んでいる間、嫁さんや長男くんに悪い影響を与えてもいました。ネットを徘徊しているとアスペ夫、健常者嫁(その逆も存在)、さらには子供も発達障害の気があったりと、健常者パートナーが疲れていることを世間一般にいることを知りました。

そこで、確かに自分も生きづらくしんどいとは思っていましたが、相手である嫁さんのことを深くは考えたことが無いことに気がつきました。まだ、覆いかぶさるような仕事でなければこなせる軽度なASと勝手に判断して健常者側に歩み寄ろうと考え現在に至っています。

健常者側の奥様方の話し合う会も全国にありますし、ブログや日記もASD本人よりはごくごく少数ですが存在します。内容がAS夫の攻撃で一方的だなぁと思っていたら、嫁さんは違うと真っ向から反対。こちら側が、気が付けないところ、思考フローが違うのは生まれつき!とも言えますが、夫婦ですし子供もいます。ケンカの仲直りみたいなものですかね。違いを補うことまで求めませんが、生きにくさを押し殺してまでも歩みよりも必要かと考えた次第です。

ただ、押し殺した分がストレスになってまた再発したら、それこそ本末転倒なんで、ASなりの声を上げるときは上げるし、別の切り口による解決法を模索しているところです。

コメント投稿者さんの指摘にあったように、健常者側から見たら、体たらくぶりは相変わらずなので単なる恰好つけて何の進展もない単なる駄文の羅列になっているかもしれません。自虐ネタのネットを介した目立ちたがり屋の1人と思って、不快に思われた方はスルーしてくださいm(_ _)m

 

 



スポンサーリンク