読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペ夫の嫁さんの休息

アスペルガー症候群(ASD) カサンドラ症候群

f:id:multiplier:20150423093958j:plain

 

as-engineer.hatenablog.com

上記、記事にコメントをくださった「こんにちは」さんへの回答です。

そうでしたか、最初の文面から、行間が読めない私でも、当事者の方だとは思いました。

まず最初に、アスペ夫の奥様として生活されている方、さらに確証はないんですがほぼ、遺伝するのでお子さんもその傾向にあるようですね。といっても、ブログランキングで奥さんが日記を書かれているという母集団なので統計的な全体像はわかりません。さらに、奥さんたちのブログなり日記に、アスペの方々が自分たちの特性の正当性を武器に書き込んでいるようで、当事者の書込みお断り。みたいになっているのを何件か見かけます。奥様方はアスペの人たちを「当事者」、アスペの方々は奥様方を「健常者」とやんわりした皮肉とも揶揄とも言えない嫌な感じの隔たりを感じていました。

旦那様はいわゆる歯止めが効かないタイプですかね。没頭型というか。奥さんにとっては、相手をまともにすると疲れるための休息時間をうまく取っていると認識しました。時間に対するご提案は良いかもしれません。というのは、アスペ人間にとって指示の仕方、やり方で良くも悪くもなってしまうからです。休職中のブログにもありますが、嫁さんに昼間のスケジュールを事細かにメモしてもらっていたことが何回かあります。書きは一例

as-engineer.hatenablog.com

口で言われると忘れちゃうんですよね。自分でメモしてても優先順位づけができなくて苦手なスケジューリング問題となり最適解が求まらないまま時間が過ぎていく。これは悪い例です。前述の記事のように時間まで決めてもらうと動きやすいです。ただ予定は未定なので、不測な事態がおこり持ち合わせの「臨機応変さに欠ける」ことで混乱します。

自分としてはアスペ度?が比較的低いと思っています。というのは、仕事で、営業職では当然無理でしょうが、技術職で問題が発生したときの臨機応変な応急対策の提案には手前味噌ですが定評がありました。理系アスペ+経験データベースのおかげでしょうか。バグが見つかったりすると、その後の対応、対策、工数割振り案をぱぱっと見積もることができます。40前まででしたけどね。

ただ、日常生活を筆頭に、経験が無い・経験データベースからも対応策が立てられないときにはパニくりますね(笑)

かなり、脱線しました。土日なんかは、エネルギーがあるときは子供たちをスーパー銭湯なんかに連れて行って、嫁さんの自由時間を作ったりします。子供たちと遊ぶという副産物なんですが。でも、お金がかかるので、公園に行ったりとかもしてましたが今はしてませんね。そろそろ嫁さんのためにも、子供たちのためにも、そして自分のためにも、時間制で動きますか。

この手の立案は自分からは難しいですが。。。

 



スポンサーリンク