読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



休職で鈍ったっか?

お仕事

 

as-engineer.hatenablog.com

 この原稿2本ともReject(不採録)でした。同時に出した他の研究内容の同僚2人はAccept(採録)でアメリカ某所にて発表。採択率50%でこの学会ではいつもより厳しかったですね。1本は手探り状態で不採録理由に新規性が無いとのこと。他論文も探していて出てこないし、斜め読みされると単なる組合せ技術に思えてしまうところが難所。もう1本は分野的にニッチな内容。広くもあるけどどこにそれが必要なのかまで立ち戻ってしまうようなものだけどプロジェクトがそういう体で成り立っているので他人にわからせるのが難しいところですね。

脱線します。特許だったら、特許庁審査官からの拒絶通知で、まず理由の定型文この出願の請求項に係る発明は、その出願前日本国内または外国に置いて頒布された刊行物に記載された発明に基づいて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明することができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。」と判決のような文書が返ってきます。拒絶通知、同じ技術分野の人間だったら同じ発明ができた、とか言われると特許出願慣れしていない新人技術者だったらかなりへこみますね。さらに詳細内容で似たような先行技術をあげられ、「(発明したこと)は、当業者にとって容易に想到し得るものと認められる。」との文言で言い切られます。7割はお門違いな先行例なので動作原理や振る舞いが全く異なっていることを主張し、2割はその先行例では当業者が容易に想到できないことを主張、残り1割はあまりににも似通っているものがあったりするので請求項を削ったりの補正をして意見書や補正書を作って60日以内に弁理士を通して反論します。脱線終わり。

拒絶通知に対して反論を認めませんみたいなものがありますが、たいてい弁理士さんと内容を吟味して再提出します。論文の「条件付き採録」みたいなものですね。

査読付き学会や学術論文では、一発不採録が多々あるので、不採録理由が提示されない大きな学会もありますが、普通は不採録理由がつきますのでそれを吟味し修正して他の学会に投稿します。もし良く吟味しない査読者に当ったり、その原稿自体に自信があれば世の中に出ていないものなので一字一句変えずに他の学会に投稿することも可能です。ただ、複数の学会に同時に出すことは2重投稿になり、これは禁止です。不採録が決定したら次、ってのはOKです。もちろん時間はかかりますが。

落ち続けるということは何人かの査読者に新規性や優位性を認められなかったということなので、研究内容を見直すところから、評価方法を変えるとか、ストーリーの組立てなど文面の検討で通ったりしますので、どこまで立ち返るかの選択を吟味します。

1本は明日締切の学会用に追加データを取って文章も加筆・修正しました。現在、上司に内容を確認してもらっています。同じ学会に、ニッチな内容のほうも出そうと思っているのですが修正が間に合いません。さてどうするかな。

 



スポンサーリンク