読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



さて、もう一本書きますか

お仕事

 

as-engineer.hatenablog.com

 

11日締切だった学会にゼロからイチにした研究で一度落とされたのを再投稿済。いつまでたっても投稿サイトが閉じないので1日待ったらやはりエクステンド(締切延長)24日アメリカ太平洋時間23:59まで。時間が提示されたのでこれが最終でしょう。ちょっとネガティブなことを書いてあることを2か所修正したいのと、新たに追加した図の理解を助けるために真理値表と回路図が必要なため加筆修正します。

 

あと、もう1本、すでに別の学会で2回落ちているものを再投稿しようとしています。前々回は2ページ、前回は4ページでいろいろデータを取ったグラフや説明図を削ったので査読者に意図が伝わらなかったです。今回は6ページなので、確かに特許用語で言えば同業者が容易に考え得るものかもしれませんが、データをしっかり取って、面白い現象まで出てきたので、その説明も加えて再投稿準備中です。本当は研究している目玉の新しい材料を入れて測ればそれだけで新しくなるのですが、あえて一般材料による測定なので査読者も手厳しいです。それをわかっていて、みんなが考えそうな内容だけど誰もやってなかった(論文化や発表してなかった)かな?って3度目の正直のチャレンジです。これで落ちたらさすがに馴染みのない分野だったのでこの内容での投稿は諦めます。

 

といって、本業の設計が滞り気味なのでそっちもやります。これらのスタック(積み上げ)は別に負担になっていません。

そうそう、交渉ごとの相手方から返事が返ってきて、打合せと今後の展開の項目化ができそうで、少し進みました。けど、今日は帰ります。。。

 

 



スポンサーリンク