読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



タイヤ交換、一石三鳥

ブログ一般

f:id:multiplier:20150519174032j:plain

フリーの版権了承済素材がこれしかなかったのですみません。素材提供者さまにもすみません。タイヤ交換したのは4人の男です。。。

日曜にやっと自宅のクルマの冬タイヤから夏タイヤに履き替えました。基本的に自転車のパンク修理や、クルマのタイヤ交換は自分でやります。今回は子供たちに手伝ってもらいました。勉強嫌いの長男くんがやっぱり使えますね。ジャッキの取り付け位置の確認法と、きつく締まったナットをレンチで外すとき、お義父さんは長いパイプで延長していましたが、私はキック踏んづけ(笑)方式を教えました。

実家には油圧ジャッキがあるのでそちらのほうが楽なのですが、まあここは備え付けのパンタグラフ型のネジ式のもので我慢です。手回し部分は双子の1人が担当、さすがに車体が持ち上がるころには回らなくなるので私が手伝います。タイヤの取り換えとナット借り止めまでは口で指示して通じます。お兄ちゃんが理解して双子に指示を出します。なんか成長したなぁって実感しました。

今度はナットを締めるほうですが、大体の締め具合を教えて最後に私が確認します。一度教えれば、あとは繰返しなので楽ですねって私だけ楽してますが。。。双子のもう1人は午前中サッカーだったので疲れてさぼってますが、これは仕方ないですね。私の怒りっぽいのが伝染したのか遺伝したのかのお兄ちゃんも怒りません。。。

45分ぐらいで終了。珍しく子供たちと共同作業。よめさんからの前から私に依頼していた案件が終了し、うるさい子供たちを30分でも面倒見た形になったので、一石三鳥ぐらいの効果でした。

体力と気力があって、トリガがかかれば動けます!

 



スポンサーリンク