読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



メディアに進出してきたカサンドラ症候群

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20150526140048j:plain

カサンドラ症候群、地方紙だけど新聞に奥さまの悩みとして記事となっていました。アスペの男女比が3:1~4:1と言われています。9:1なんてソースがはっきりしない情報もあるのですが、とにかくアスペルガー症候群の男性の比率が多いとのことが前提です。内容はこのブログタイトル下の簡単な説明のようなことで、奥様が苦労されていてうつ病などに悩まされているのが見過ごされつつ、なおかつ増えてきているそうな。特筆すべきは、うちの嫁さんも言っていましたが、結婚前には夫となるアスペに気がつかないそうです。旦那のほうもそれなりに気を遣っているようで見過ごしてしまうそうです。

私は見てませんが、NHKの朝の連続ドラマのあとの情報番組で取り上げられたそうです。結局、解決法や対策が示された訳ではないようです。それよりも「大人の」アスペルガー症候群についてはあんまり紹介されていないような。。。ってテレビとか見ていないせい?

 



スポンサーリンク