読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



仕事を失念したおいらが悪いけど。。。

お仕事 アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20150526144222j:plain

先々週、しっかりスケジューリングしていなかった苦手な報告書関係の仕事をスキップ(失念してやりませんでした)してしまいました。結局、バックアップで他の同僚がやってくれました。A4数十ページ中の半ページ程度。確かに気合いを入れれば1時間で書けるもの。その同僚には申し訳なかった念をメールと口頭で伝えてあります。サバサバした1周(12年)年下の同僚からは、別に良いっすよ。次はやってくださいね程度でした。これは感情論で、この1件は社会人・ビジネス的・雇用関係では論外の致命的なミスですね。分かってはいます。

先週海外出張していた上司が帰ってきて朝に呼ばれました。で、上司から指摘されたこと。(私の病気は治っているとなているらしい)

0.やるべき仕事をやらないでおいて、平然と出勤していられる神経がわからない。(長年の師弟関係でもある上司からすると2つの意味が。まず、やるべきことがあれば這ってでも会社に来ること。次に、失敗をしたときに報告や対策の相談にくるのが当たり前。全体的に調子が悪く何とか月曜の朝に出勤していても、仕事を失念した大きなミスを犯した報告、謝罪が出勤直後になかったことを咎めていると思われる。)

1.重い仕事があると休む(失念してたんでこれが原因ではなかったのは事実)から体が拒否反応を起こしていているのでは?それを繰り返していると、そのうち、また大きな病気するでしょうね。適宜、自己マネジメントが必要。仕事が回らないのを病気のせいにしている。

2.もう、次(前回ような大きな休職)は無いよ。=やんわり発病すれば解雇を示唆。

3.立場が下がった、給与が減ったと言え、雇用関係だから、やるべき仕事はやってもらわなければ給料は払えないよね。

 

不思議と腹も立ちませんでした。誤解もしてるし、性格&病気の理解も相変わらず改善してないし、感情論で話しているなと第三者の視点で感じていました。今じゃパワハラぎりぎりかもしれないけど、私が入社したころには平気で「給料泥棒」なんて言われてましたから(笑)管理職、雇用側から見れば至極当然なことではないですかね。まだ、元気だったころにさんざん言われてたことの繰り返しの内容なので変な免疫がついていたのかもしれません。

帰宅して嫁さんにお話したら、ちょっと理解が無くひどいよねぇと慰められました。あまりダメージがなかったのですが、うれしかったぶん、ちょっとへこみましたかね。

 

(追記)5/27文面を加筆修正



スポンサーリンク