読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんのアスペ夫操縦法

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20150528092751j:plain

GWに双子と私が私の実家に帰ったとき、自然公園のようなところで子供の日イベントがあり、その1つの竹馬に乗ってみようにチャレンジする次男、三男。

0.見出し付はひさびさ

よく読まれるブログの書き方に、章立てするというのがあります。私の仕事の1つの論文書きはまさにこのフォーマットなんで違和感がありませんが無意味な章立てや下手な分類は返って読みにくくなりますね。学術論文では。。。って脱線したんでバッサリ削除!

1.当事者の夫の私

カサンドラ症候群またはカサンドラ情動剥奪障害とも。カサンドラの語源はギリシャ神話の王女から。私は、北斗の拳でトキが収監されていた獄長ウイグルの監獄名を思い出してしまう世代なのですが。。。さておき、嫁さんとは20年弱生活を共にしております。大学のサークルで知り合ったのですが、お付き合い時代からケンカが多く、良く続いているなと客観的に感心します。基本的に私が悪くても争いを望まない嫁さんがこれも嫁さん自身望まない形で折れることで収束します。長男くんが生まれ家を買ったところまでは通常運転でした。私が感じる限りは。私なりに家事育児にも協力しましたし、休みには毎週のように外出してました。ただ、博士学位を取りたいのが心残りということをグチグチ言っていたのを嫌がられていたのは憶えていますね。

変わったのは、教授に呼ばれて大学に戻ってから。嫁さんの実家にマスオさん状態で、買った家は資産運用に。私の生活は研究室に泊まり込みの日々でした。学術論文を歳相応分の数を通すことで念願の学位を取ったものの大学で上を目指すモチベーションはどん底でした。また、企業に戻ることになり別会社に中途採用で関西へ。すでにアラフォーでした。最初の就職した企業で発病したパニック障害で通院は続けていたのですが、職場に臨機応変に対応できず休職することに。

ここではじめて、私自身と嫁さんに、私がアスペルガー症候群であることが伝えられました。嫁さんはかなりショックだったようで、関連書を読みまくってました。私もそれなりの衝撃は受けましたが、記憶が結構残っている幼稚園時代からの自身の奇特な行動(他人に表面上の危害を加えませんが、嫌な気持ちにさせたことは多々あり)にすべての理由がつきましてちょっとスッキリしました。生まれつきの脳の回路に障害がということで納得。

休職復帰時に上司側にも伝えられ、さすが企業、管理職用のアスペ技術者運用マニュアルがあるようでそれに則り仕事も続けていました。ただ、会社が傾きだして大幅な人件費削減のために希望退職者を募ることに。面接もあり、いわゆる肩たたきにあい、人脈を駆使して、また研究の道をなんとか確保してもらったところで応じることに。さすが、日本の技術企業、技術力と波風立てない人材とを天秤にかければ後者を取ると。そして今の私があります。官僚気質が支配するこれも私にとって生きづらい研究機関で。

嫁さんは、後回しになっちゃいましたが、家庭のほうも家族が2人増え、確執のあるお義母さんのいる実家で、家事育児をほぼ任され、たまに帰ってくるアスペのボスキャラ(私)の相手をしつつストレスを溜めていきました。

2.被害者の嫁さん

彼氏彼女時代から私が変わった理系人間だって分かって付き合っていたみたいです。文系知識や情報はすごく、流行や一般常識のたいていのことは知っています。さらにハマってはいませんがサブカル系にも強いですね。映画とか、SFやドンパチものは嫌いで、人間そのものや人間関係を描いたのが好きみたいです。関係がドロドロからすっきりしたものまで。ホラーやサスペンスなんかもお好きなようで。

その点、私みたいな奇特な人間を扱った小説や映画も多く良く見ていましたので、私を許容できたのは、そのあたりの知識かもしれません。

私も、嫁さんをそんなに縛ったりしないのでそのあたりは楽だったのかも。まあ、何もやってくれない夫で全部自分がやらなきゃっていう束縛は、私自身が作り出していますが。。。

世の中いろいろ興味深いけど面倒くさい人間がいることは理解があり、大概のことにはドン引きしたりしません。遠目で人間観察するのは得意ですね。ただ、パートナーとなると敬遠するので、私が助けてあげなきゃ的なダメンズではありません。さっさと逃げます(笑)

私との付き合いや結婚は、たぶん悩んだんでしょうね。ボーダーラインですから。私が「アスペ」と分かったときは本当に残念がってました。

中年で太ってきてしまった私に「詐欺だ」と平気で言えるのは、私の怒る・怒らないラインやポイントを観察してきた経験だと思います。

1回目のうつ病休職から、私のちょっとした予期できない暴走もあり離婚も考えているでしょうがさすが母親ですね、子供3人につらく悲しい思いをさせたくないというのがあるようです。子は鎹ですね。イミテーションかもしれませんけど。

基本やさしいですし常識人です。いくらアスペ夫でも子供の前でお父さん(私)をけなしたりは絶対にしません。表面上だけかもしれませんが流せる能力を持っています。

まあ、こんなとこですか。適当に追加するか、別記事で気が付いたら書きます。

3.本題:対処法、操縦法

私から見た自分の対処法なのであまりわからないのが実情です。奥様方のほうのブログ等のほうが有用かもしれません。ただ、私は「アスペ」を認識しておりそれを仕方ないだろうと振りかざすつもりはない軽度なほうだと思っていますので、新しい発見があるかもです。嫁さん曰く、「あなたは弩アスペ」と言い切ってます(笑)

・アスペに理解できない仕事は頼まない。

・褒める・おだてるの術で重い腰を上げさせる。

・古い友達に相談する。愚痴を聞いてもらう。

 嫁さんの高校時代のお友達にはみんな会いましたが、職業もいろいろだし考え方もしっかりしていて個人それぞれだしある意味スゴイ方々です。

・アスペの思考フローを経験と合わせて先読みする。例えば、言葉を選んだり、指示を細かくしたりする。この辺りはストレスになっているようですがルーチンワーク化することで気にならない・しないようにしているみたいです。どうせ、頼んでもやってくれないから、頼む手段を考えず、そもそも依頼しない。

・唯一のアスペ夫の利点である理系仕事は最大限活用する。余分な仕事をするのでそれは制止する。

・子供(特に双子)のなんで?どうして?の疑問ををうるさいとか知らないと言わずにお父さんに聞いておいでと私を利用するとともに子供の好奇心の芽を摘まない。

・私の仕事の愚痴や専門的な話は受け流す。「難しい話は分からないから」が通用するため。

・頼むときの最初の反応の否定的返事を受け流し、本題に入る。

・何度も頼んでいる仕事の再度依頼の模索。

 上の2つはまだまだストレスのようです。

・私の状態を見て、許容量ギリギリで文句や愚痴を言う。

・短い空き時間を有効に楽しむ・休憩する。

・空き時間を作るために子供たちごと追い出す口実や手段を臨機応変に作り出す。

・失敗した物事に文句を言わない。もともと嫁さんの家(お義父さん側)は、起こってしまったことに対してグチグチ言わない家系。これはうちの実家は後を引くため、「私」が見習って実行している数少ない考え方です。

・お義母さんとの確執に関して私を利用する。(効果は期待できない)子供のしつけ。怒る声。洗濯を干す場所。無理・感情的な要求の対応。

・子供の勉強の内容や手伝いを適度に任せる。

(追加・修正)

期限や仕事量をあらかじめ示して仕事をさせる。これはアスペ側にも重要です。先の見えないぼやっとした仕事は好まないからです。私の場合、多少の結果的ブレがあっても大体何時までとか、これくらいの力仕事とかが自分で見積もることができる情報があれば動きやすいです。さらにその情報は、私が言うのもな何なんですが、ガセでもでっち上げでも構いません。とにかくアスペに物事の終了を予測させる材料を与えることです。

(追加)

やっている仕事、やった仕事結果にケチをつけない。ただ、作業中および作業後に「論理的に」改善点を示すのはOK。これは嫁さんから切に感じます。まず終わったことに評価をします。

改善に納得しない同じ間違いを繰り返すなら、そこの脳回路は先天的に壊れています。いわゆる洗濯物問題です。洗濯バサミハンガーに密に干すアスペ旦那にキレている奥様のブログが発端です。何度も同じことをするし逆切れする旦那さんのようで、この仕事は頼まないほうが良いですね。下着は逆さに、バスタオルは4点で、小物は外側に、等々の面倒なことは重々承知ですが細かい指示が必要です。おそらく大概の当事者さんは、完璧主義が伴いますので細かい業務指示書がなければこの程度の結果しか出せないとの返されるでしょう。

・普通だったら、は通用しないので、常識を教え込まないし無駄な労力は避ける。生まれつき脳の回路の「普通」の部分壊れているので直りません。他で補います。

 

やはり、あんまり出てきませんでしたね。期待して方、すみません。これを機に観察してみて、適宜記事に挙げていきます。

4.まとめ

基本的にアスペと分かってからは、メジャーな疾患?なのでその手の専門本やネットで調べて一般的なアスペ操縦法を私特有な部分は経験を生かして実行しているようです。

 (追記)理解してほしいのは、言ってもわからないし子供みたいと思うかもしれません。その通りです。言っても覚えないのはその部分が壊れていますから同じことを繰返し失敗します。諦めるか別ルートを模索します。また、得意分野があれば分業してそっちで活躍してもらいましょう。自閉症の高機能仕様なのでうまく使えばお釣りが返ってくるかもしれません。

何度も書いていますが、子供のころから明らかにわかるアスペ、自閉症、LD、多動のなど重度の発達障害をお持ちの方々を中傷するものではありません。大人になってわかる、よく言えば軽度の発達障害の方やそのパートナーの方に対しての個人的意見です。

以上、おそまつさまでした。

 

 



スポンサーリンク