読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんに聞いてみた。アスペ夫を動かす昨日の一件。

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20150608134025j:plain

昨日、夕方、嫁さんの言葉で、私が、風呂洗い、お湯張りと子供の風呂入れを一気にやりました。

昨日のメールにもあるように、午後はそんなに疲れていませんでしたので心身ともにニュートラル(中間的)な状態でした。

1.状況

状況は以下の通り、

・お義父さんが、双子(彼らから見ればおじいちゃん)を近くの公園に遊びに連れて行ってへとへとで帰ってくる

・嫁さんは、一昨日のサッカー行事の一環で筋肉痛で、動けない状態

・私は、買い物を終えてスマホでネトゲ中

2.嫁さんからの依頼

嫁さんの私への発言。

「おじいちゃんが双子を○○公園に遊びに連れ行ってくれて、子供たちをと帰ってくるけど、泥だらけの状態みたい。」(現状説明)

「それで、お願いがあるんだけど、双子をすぐお風呂入れたいから、お風呂洗ってくれないかな?」(依頼内容)

「私(嫁さん)は昨日サッカーの手伝いの筋肉痛で腰を曲げるのもつらいから、私やお爺ちゃんには無理で、○○(私)が洗うしかないの。」(理由説明)

3.私の行動と気持ち

そんで、私。

「了解した」と文句も言わず、ゲームを一時停止してすぐさま、風呂洗いへ。風呂洗い工程は引っ越し続きでも休みは基本、私の役割でしたので作業には問題無し。湯張りまで完了。その後、これは休みの日課で、双子の風呂入れは私の役目。今回の一件、一番最初のトリガから行動までになんの面倒くささも感じなっこと

客観的に見ても自分がすんなり動いたので、どういう嫁さんの心境で依頼したのか聞いてみることにしました。

4.嫁さんの気持ち

2.にあったように、状況、依頼内容、私がやるべき理由を示しました。嫁さん曰く、通常ではもっと簡易に説明・要求するとことを分かっていながらASである私の行動の経験上、詳細に理由をつけて説明したそうです。

それに、「面倒」、「ストレス」は感じなかったか?との問いには、いつもだし、今回は絶対やってもらいたかったから言葉を選んで説明した。しかも、それに関して面倒だったとかストレスには感じなかった、そうです。慣れでしょうか。達観しちゃってるのでしょうか。私には、自分が動くだけのトリガにはなりました。

5.普通だったら

では、無理に普通の人だったらどう言っていると思う?と聞いてみました。「子供の面倒もお爺ちゃんに任せて、自分はゲームばかりして、少しは風呂を洗うぐらいの手伝いをしたらどうなの?」とのことです。ただ、これもすでに私を相手にしているモードに常になっているのか、結構ひねり出した感があるそうです。

6.まとめ

他人事のようで申し訳ないのですが、うちの嫁さんに限れば、ASが疑問に思ってしまい面倒なことを聞いてきたり、説明を要求されることを、受け流がす「術」を心得ているようです。さらに、ASが動きやすい指示の出し方をしているようです。

ただ、完全にストレスフリーか?と言われるとそうではないようですね。ASと十数年後にわかる私が、新婚時代のむりくりひねり出した気遣いをアスペ夫側からも出さなければいけないですね。それには、人生自体のモチベーション向上と体力維持が必要ですね。

 



スポンサーリンク