読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



久々の架空請求メール

ブログ一般

f:id:multiplier:20150628083823j:plain

下書き記事がたまっています(笑)

今朝、ケータイの鉄壁(?)の迷惑メール対策をかいくぐって、久々に架空請求メールが来ました。ソフトバンクのドメインでおそらくメアドも実在するでしょう。人を不安にさせる文章のテンプレを思いつくことに逆に感心してしまいます。

脱線:ワンクリサイトで、自分も息子たちのPCも変なポップアップが1分おきにでるソフトをインストールされ、セキュリティソフトにひっかからないので、削除にかなり時間がかかりました。1年ぐらい前かな。

で、会社に連絡する、家族に知られるどころか家族のプライバシーまで脅かされる。見に覚えがないときは再調査するので、これも連絡が欲しいと。。。

ただ、最近は無視されることが前提の風潮になっているので、ランダムかつ個人情報がないと無理なので確率が低いですが、悪徳業者が本当に裁判を起こします。「正式な出廷要請の文書」が「裁判所」から来るそうです。これも無視すると裁判で悪徳業者の主張通りの判決が出てしまい、まさに架空の差し押さえが「現実」になってしまうというものです。この場合は出廷して事実はないことを主張すれば提訴側の敗訴で費用は業者持ちで終わりらしいのですが、リスキーな手段をとる業者も必死なんでしょうね。

まず、特別送達という郵便物が裁判所から来ること自体、住所氏名が何らかの形で漏れているので、個人情報(特に自宅)の扱いは注意したほうが良さそうですね。

と、忘れないうちに。

 

 



スポンサーリンク