読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



「ありがとう」が言えない

アスペルガー症候群(ASD) カサンドラ症候群

f:id:multiplier:20150703180149j:plain

たまには、ブログタイトルネタを。

昔から、自分では感謝・謝意の念があるのに「ありがとう」が言えません。これはアスペなのかASDなのか、単なる育ちの問題なのかわかりません。

褒められたり、感謝されたりしたときに、よくよく考えてみると、まず自分の口から出てくる言葉「いやいや、それぼどでもないですよ」的な。。。謙遜の言葉なのか照れ隠しなのか「素直」な「ありがとう(ございます)」がでてきません。

特に、嫁さんなんかに対しては。以前、アスペの旦那さんを持った方がコメントをくれました。文章なんかでは「とっさ」ではないので出てきます。言葉に出てこないのはなぜなんでしょうね。

事故とか、賠償問題になる場合(笑)以外は、人とぶつかったり、粗相をしたときに「すいません」はすぐに出てきます。「すみません」のほうが正しいんですけどね。スラングということで。英語圏にいたときは、そぉり、えくすきゅーずみー、でしたね。なぜ、そんなに謝るんだ?って言われました。まあ、無用なトラブルを避けたいんでしょうね。謝ったもん勝ち的な。嫁さんに使えばいいのに→私。

子供たちには、教育上小さいうちから謝罪の言葉で「ごめんなさいは?」って、ふてくされてても言わせてました。特に双子がケンカしてるとき。あと、自分が子供たちに対しては、一応謝意の言葉は意識して言ってましたね。これは照れ隠しなのか、さんきゅー、さんくすあろっと、って。モノを取ってもらったりしたときに。

「ごちそうさま」が言えませんね。これは育ちですかね。朝食は嫁さんの両親が居る関係で半ば意識して。遅い嫁さんに作ってもらった夕食後に、何かが聞こえないジェスチャーをされます。「ごちそうさま」を暗に要求しています。マナーとして。昔は「おいしかったです」も追加で要求されていましたが、アスペと分かってからは最低限の行動や言動に対してだけになりました。自発的に言う場合もありますが、この歳になっても最低限のマナーを習慣化させようとする嫁さんの気力には頭が下がります。特殊なお父さんだとわかっていながらも子供たちの前では父親でもあるので、見本としての親の行動・言動の意味合いもあるのでしょう。

 

渡り歩いている各職場で、普通に「ありがとうございます」が言えている人には感心します。あー、こういうときにも言うんだ、なんてことも多々あります。自分としてはその場面をすぐ忘れ全然活用できていませんが。上司などが部下のスキルの高さを他人に紹介していたりのときの部下の発言で。私には高難度ですね。

休職時の自発的に洗濯干しを手伝ったり、心に余裕があったときには「ありがとう」は言えていたような覚えがあります。今はもとに戻ってしまいました。嫁さんに対してはスルーしてしまう、職場では違う言葉に変換されてしまうという感じです。

自分自身で単純な「ありがとう」言う場面では体が発汗しています。発汗検出装置と音声合成回路を組合わせて、機械に言わせるようにしましょうかね(笑)

気がついているなら、なんとかしなきゃいけませんね。。。



スポンサーリンク