読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



2本目通った!

ブログ一般 お仕事

一応,先月末の設計〆切は,全体設計フローが確認できていたところで,継続して残件部分を各自やることで一旦トレースは終了.

同日,2本目の査読付き国際会議が採択されました.先日も1本目通りましたが,こっちのが有名で,査読者4人も付いて,コンセプト重視で通してもらった感じです.私の英語が下手なのもありますが,比較評価部分に不明確,不明瞭,アンフェアな比較だ,と言いたい放題(笑)まあ,これは部下の研究で,国際会議発表が1つの登竜門となっているため,2回落ちたのは不運でした.でも今回は,各査読者がしっかりと見てくれまして,「確かに」と思うような指摘も.

最終原稿直しと今後の方針で上司との研究打合せ,「こんなにコメントもらえるなんてうれしいことだぞ」と.この業界は,査読付き国際会議を0.5本や,論文博士審査のときはカウントなしだったり,私立大学では,査読無しでも1本の業績扱いになったりまちまちです.これを学術論文にして初めて業績に残ります.

手間を省いて,いきなり学術誌に投稿しても良いのですが,しっかり吟味しないと門前払いをくらい返って時間がかかります.国際会議は基本コンセプトで採択されやすいです.プレゼンの段階で議論になってその分野の専門家からいろいろ意見をもらえたらこっちのもの.そのあたりをさらに吟味して評価なり従来方法と比較したりして優位性を明確に書けば,学術誌にも結構2,3回のやりとりですんなり通ります.新しい分野に手を出すときはもちろん,回り道しても,その手の人の専門家の意見をもらった方がアルゴリズムの記述法や評価の定石みたいなものがわかり2,3年かかるのが1年で通ったりします.

投稿時にもちろん内容はさらに充実させないといけないですし,そのままだと2重投稿になってしまうのですが,投稿システムに,この内容に関することは何かの学会等で発表したものか?という質問欄があります.ここで有名どころの学会に通っていると,査読者側もその学会に通っていれば内容もしっかりしているだろうとバイアス(ゲタばき)の気持ちを与えることができます.アンフェアじゃないの?と思われるかもしれませんが,ボランティアでやっているレフリー/レビュワー(査読者)の負担を軽減するものです.学会なんかでは,タイトル下の著者と所属の部分でその分野の重鎮の先生なんかが絡んでいればほぼ通ってしまう風潮に懸念を抱く分野が散見してました.私も前の会社のとき,ある企業の論文を査読していた著者に最高学府の専門の先生の名前が入っていたので,ああこれはそれなりの内容かと思いきや,ひどいこと!おそらくその先生の最終チェックは受けていなく共同プロジェクトで名前を借りただけで,(人のことは言えませんが)英語が文章になっていないとか.なんとか内容を読み解いても,実際作ってみただけでデータをねつ造はしてないだけ良いんですが(当たり前!)性能が従来のモノに比較して劣っている値を堂々と書いてきてまして事実だけを述べていました.基本,私は条件付き採録にして様子をみるのですが,その論文は一発で最低点でReject(不採録)しました.不採録にすると理由をA4 1枚分くらい書かないといけません.外国人の査読者は守らない方が多いのですが...「見るに値しない」ということのようです.こういうシステムがしっかり稼働していれば訳のわからん論文や学会原稿が採択されちゃうことはないです.最近は,ダブルブラインド(二重盲検)方式が取られる学会も少なくないです.著者名,所属,謝辞は削除,自己の過去の業績を引用するときは第三者として書く(our previous workとかダメ)など,著者でバイアスがかからないように内容重視で査読が進められるところも増えてきました.今のところ,査読は本当に外れた(材料,物性)分野でない限り断らないようにしています.守秘義務はありますが,業界の動向がわかります.

 

なんか,連続して通ったのがちょっとうれしくて,査読システム(電気,コンピュータ,情報,通信関連ですが)の内容を書いてしまいました.全く役に立たない情報かもしれませんが,こうやって先行技術は学術論文や特許などを通して発展してしていってるんですよってことがちょっとでもわかっていただければ幸いです.



スポンサーリンク