読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



時間,お金,気持ちの余裕

考え方を変える材料

f:id:multiplier:20150810161443j:plain

例のアプリで地点登録しようと公園で写メを撮っていたとき,赤とんぼが飛んできて止まりたそうにホバリング(空中で一時停止している状態)してたので,手を差し出したら止まってくれました.かまれるわけでもなく,2,3分 手に結構長い時間滞在して飛び去って行きました.

 

以前muraさんのコメントで出てきた,生活する上で「余裕」の必要なもの.

1)時間,2)お金,3)気持ち.その通りだなぁと思いました.

企業活動だと「人,モノ,金」,大学出て就職した前世紀末には「情報」が足されていました.

1)時間は切り詰めれば何とかなるし,2)お金も節約・倹約すれば何とか生きていける,3)気持ちも我慢すれば何とかなる.ゼロはさすがに無理だけど,生きていけないことは無いというものだと思います.でもそれぞれに1つでも「余裕」があったら,それは他の「不足」を補えさえもします.

今携わっている研究業務にも言えますね.営利目的ではないものの,1)経理処理や資金獲得書類や申請なんかに時間がとられ,土日に研究という考えでは休まるヒマもありません.2)お金は,基本的に文科省,経産省,内閣府等の各省庁が公募する研究プロジェクト資金に応募する必要があり,お金がないと試作費や実験機材が買えなく研究が進みません.さらに元は税金です.企業からの委託研究はこの分野ではほとんどないですね.3)最後に,研究に対するモチベーションが上がらないと新しいイノベーション(発明)が生まれません.こんなことできるんじゃないかな?今ある問題をなんとか自分たちの技術を応用することで解決できないかな?という一見無駄なようにみえるこの気持ちが新しい発見につながります.日々忙殺されてれば,考える暇などありません.

生活のほうも,嫁さんに限って言えば,1)子供の世話に時間を取られ,実家生活で家事などにも協力しなければいけません.パートの時間が一番充実しているとも言います.私が帰ってくれば,相手するのも面倒な4人目のボスキャラの子供ですし,頼んでもなかなかやってくれない.と自己分析してみる.2)お金も半額にされ職を探していますがなかなか良いところが見つからず,親との確執のため引っ越しも資金繰りでチャラになりなかなか苦しい生活です.子供への押し付けでない習い事は続けていますがかなりの費用です.3)気持ちの問題も,夫婦の協力も,私がASDであることから,技術面のみ夫側が補うことができますが,妻側は大きな荷物の夫の対応で一杯一杯どころがストレスたまりまくりです.さらに親との面倒な駆け引きも衝突を避ける刻々と変わる手段選びで疲弊しちゃってます.

2)のお金の問題は,私のキャリアと努力と空きポストのタイミングなので1年前に戻すには引き続き就活をがんばらないといけません.

1)時間と3)気持ちに関しては,嫁さんが十分やってくれているので,「私のがんばり」が必要なのでしょうね.

 



スポンサーリンク