読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



ASDのコミュニケーション能力

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20150907115340j:plain

しばらく,更新しなくてすみません.

例のアプリにはまってしまって嫁さんをはじめ家族が私の成り行きを危惧しています.そのアプリは直接的な課金は全く無いです.間接的には,徒歩で歩く程度なら問題ないのですが,移動のために自転車買ったり,クルマのなかの操作は道交法上禁止ですが,その地点までの移動のガソリン代とか,GPSがONになりっぱなし,アプリ自体が結構重いので電池の放電が速く,大容量のモバイルバッテリが必要とか,つねにキャリアを通したデータ通信が行われているので,定額制なら良いのですがいわゆるデータ通信料が発生します.

最初は1人で活動していたのですが,地元ルール,地域情報,敵味方に分かれてやるアプリなので相手方の情報などが欲しくなります.そこで,地域のコミュニティに入りました.コミュに入るかどうか迷って際にネットで検索したら,実際入った方の一意見.

・基本「村社会」

・個人特定(いわゆるストーカー)行為とそれに類するもの

・過剰ともいえる仲間意識

・ノルマがある.大きなミッションなどで借り出される

・独自のルールがある

・FB的な空気.恋人,家族の写真.レベルが上がれば賞賛書込みで半日

実際,入ってみて,さらにチャットルームのようなところに入れてもらいました.すでに趣旨に書いてあったようにアプリそのものだけでなく地域の情報(お店,食べ物屋)などのアップがOK.

最初の5項目は,ぼぼ無いですが,チャットに関しては,最後の項目が該当します.大体発言する人が決まっており,当初,アプリの技術的なことを質問したら懇切丁寧に教えてもらって有用でした.この記事を書いているのでわかりますが,基本自分の発言が長い(笑)および空気の読めない私が何か常連さんの地雷を踏んだらしく急に反応が悪くなりました.おそらく考え過ぎだろうと割り切ることが今ではできていて不必要発言を避けています.発言に対しての無反応は,これは経験済みのその発言内容にどう返したらいいんだよ?の内容だったんだなと反応がないことにやきもきすることは経験で諦めています.ただ,アプリの技術的な会話は10%で残りは,昼食,夕食,飲みの写真とか...コミュは自分で申請しましたが,チャットへ誘ってくれた方が,いちいち反応する義務もなく,眺めているだけでも大丈夫.というのが救いでしたね.

大学のサークルの落書き日記ノート,90年代のチャット,さかのぼれば高校,中学,小学校,幼稚園まで,ASDの記憶力であ~浮いていた発言や行動していたなぁって思いだされます.2回目の休職をする前は,思い出されることが恥ずかしくて身もだえ(笑)していたのですが,今は数個のみになりました.

結局のところ,会社と違うドライなコミュニケーション能力とはまた違った,趣味を一緒にする社会でのコミュ力の内容の違いと生き方の難しさを改めて実感しています.

 

それ以上に,客観的に見て,この歳になって家族を差し置き(そこまではひどくは無いと思っていますが)勝手に趣味の領域に入り込んでいることの方が問題と考えます.



スポンサーリンク