読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



やばい!嫁が自分のことを質問しているようだ

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

内容の90%が私に該当します。。。ので、嫁さんが私のことで質問した訳ではないようです。記事タイトルは煽りです。すみません。

はてなブロガーの方がマジレスしています。

www.corylog.com

内容は、奥様のほうを誘っているわけではないのですが、内容の解説と、2,3の解決策(?)の提案をしています。(自分もコミュのほうに参加して旦那を監視という方法が最終手段)。

問題は、質問内容引用の3つ目のすぐあとを引用させていただきます。

一般の方はこれを読むと旦那さんが自閉症スペクトラムな気がしますが 、エージェントはだいたいこうなのでその辺は良くわかりません。

私の場合はビンゴ!ですね。開き直る訳ではないですが私ASDですから(笑)

ここ2,3回記事に出している出ている位置ゲームです。Googleの開発チームが作っているゲーム自身は完全無課金です。ひとつ前の記事を参照してください。世界的に広まっていて、アメリカを始めヨーロッパ各国の先進国ではエージェント(プレーヤーのこと)がかなりの数います。

LINEは入れてませんが、地域のコミュニティに入り、ハングアウト(HO)というGoogleのチャット機能を使っています。前記事のとおり、会話が他の常連の方とかみ合わず、今は静かにしています。

レベル8ですべてのアイテムが使え、レベル16までは、例えるとRPGのHPのMAX値がレベル8の15%ずつ増えるぐらいの「実質上」のメリットしかありません。

Googleも良く考えたもので、アイテムをレベル8以上のものは作らず、仮想ゲーム空間上、拮抗状態が続くように設定されています。

そのレベルというのも、16より大きいものは作られておらず、ただ経験値のような数値が増え続け、各種実績メダルがグレードアップするだけと言って過言ではないでしょう。今後どうなるかわかりませんが。

ちなみに私は始めて4ヶ月程度です。レベル10で次のレベルまで経験値的なものがあと25%必要な立ち位置に居ます。

 

さて、急にこの記事になったのは、そのHOでちょうど話題になってURLが貼られたので見てみたらまさに自分の置かれている環境そのものなので書いてみました。ゲーム内容が簡単かつ一般的にも言われていますが中毒性があり、私の場合「止め時の見極めが非常に困難です(でした)。」最近、やっと、鼻先にニンジンを吊り下げられていても、ま、今日はこの辺でいいかと切り上げられるようになりました。

有名企業や、ある県をはじめとする自治体が支援するほどの良質のアプリケーションだとは思います。しかし、24時間リアルで展開され、プライバシーの観点や、実際の地図上に仮想ゲーム空間を重ねているので、このゲームを知らない地域の方々のこのプレイヤーの怪しい行動には問題点もあります。

要は、自分自身を如何にコントロールできるかの能力が必要です。ゲームアプリの内容は陣取りなんで取りつ取られつなのですが、自分のせっかく取った陣地が取られても、取った瞬間の実績だけが加算されるので取り返されても、経験値が減らされることはありません。(どれだけ広い面積を何日間守ったかという細かいパラメータはありますが。。。)また同じ取り返すことをするだけで経験値が上がるので、放置されるほうが逆に困ってしまします。最初のほうの記事にも書きましたが、日本語訳されると破壊、俗語で広範囲を破壊することを焼き払うなど、戦争的な過激な用語を使います。会話が結構物騒です。戦争ゲームにはごく自然ですが、リアルかつ鉢合せの可能性大です。通常は、敵味方関係なくちょっと聞いてみて当たりなら、立ち話になることが多いみたいです。ただ、温和な人ばかりでなく、激怒して追い掛け回す人もいるようで。釣りの話かもしれませんけど。問題は、プレーヤー自身の行動および周りの人(地域の方、家族も含む)への影響

ガチエージェントの方がこの記事を読んだら、書いていることとやっていることが違うぞとか、アプリの悪口を言うなとか、細かい内容が伝わってないぞとか、石を投げられそうですがアスペである没頭したら止まらないことが分かっている私自身がこのアプリを使ったときの「個人の感想」を書いているだけです。(そのうち2chのようにASD本人や近しい人間がどれだけ苦労やつらい思いをしているかわからない健常者が、アスペ野郎が、アスペはでてけ、アスペ必死だなwwなどの発言をされるのでしょう。他の読者の方が不快にならないようにコメントを承認制にしています。もちろん、ブログタイトルのようにアスペのパートナーでお困りの健常者さんや誹謗中傷ではないコメントやご意見は大歓迎です。)

全然違う観点で、もう1つのブログに書くべきでしょうが、なぜこのアプリ/ゲームがタダなのか?ちょっとしたWikiを作っている方のタイトルにもなっています「大規模社会実験」なんです。位置情報を使ったゲームかつリアルタイムなので、プレーヤーの行動および履歴がGoogleにダダ漏れ。それを承知でやっているわけですが、いわゆるBig Dataの一環で人間の行動パターンのサンプルがたくさん取れます。ミッションと呼ばれる特定の場所に順番通り・順不同にまわる指令を与えたらどういう経路を通るかとか分析できてしまいます。1人ではなく多数のサンプルが取れるので平均化できたり逸脱した行動を取った場合の解析なんかにも役立ちそうです。私は、Big Dataの解析自身をやる研究ではなく、膨大なデータから検索をかけるハードウェアチップの設計などをやっているのでこういう見方もできます。Googleさんは最近3度目の流行りのニューラルネットワークや、話題のDeep Learning(深層学習)など機械ではできない認識や、創造をする脳に関する研究を行っているとも噂されます。そのためには膨大なリアルなデータが必要です。検索語や飛んだ先のサイトなども人間の行動に関するもので、ほとんど履歴が取られています。さてさて、何をしてくれるのやら。

最後にこのゲーム・アプリのメリットは、質問者さんにあったように旦那さんと同じく10kg痩せられたこと。睡眠時無呼吸症候群の対処療法であったCPAPをつけ忘れても、気道が確保できているのか昼間あまり眠くならなくなったこと。つまり直接的治療法の肥満解消を実行している訳です。高額遊戯をする機会が激減したこと(完全に止められたわけではない)。

デメリットは、前述のように「没頭」による各種弊害。幸いにも地方中枢都市のため徒歩圏内で活動し経験値が稼げるのに、大きな陣地を作ろうとクルマを使って遠地へ出向きガソリン代などリアル課金と時間がかかってしまうこと。完全にゲームとリアルの切り替えができないこと。が挙げられます。これも書きましたが、うつ病患者や引きこもり患者を外出させる手立てとしてこのアプリを使う精神科医がごく少数ですがいます。もちろん適合する患者は選んでいます。私の主治医は、私がこのアプリを始めた当初、体重が減ったことと理由を主治医に報告しましたが、体重云々や無呼吸の改善よりまず最初に「没頭による弊害」を危惧しました。私特有の性格を見抜いた上での忠告でしたが、見事当ってしまいました。そんなスマホのアプリや心療内科的の事例があるの?と古い人間であるかを装った感じでしたがさすが精神科医ですね。私の研究するICT社会の弊害もよくご存じなようで。

あいかわらず、悪い癖の長文で、最後まで読んでくださった方はありがとうございました。2500文字を超えたのは久しぶりです。

 

(追記)いろいろ、誤字、表現の修正をしていたら3500字を超えてしまいました。あと、入れて頂いているこの地域のコミュニティの方々の名誉のために補足します。街中での活動が逐一ログ画面に出てくるので近くに居ることがすぐわかり、実際何人かお会いになったのですが、至って正常で健康そうな方々です。スポーツマンタイプの方が多いかな。また、引用させていただいたレスをつけたブロガーの方の最後のジョーク、このアプリは用法用量を守ってお使いください。が印象的です。アスペは用法用量をどうやって守るか「その手段を明確に細分化してアスペ脳が理解する」まで教えないと実行できません(笑)追記最後に、検索されにくくするために直接アプリ名を自分の本文中にはずっと出してこなかったのですが、2つの引用をした時点で、カタカナでhtmlでしっかり入っていました。まあ、テキスト言語なんで当たり前ですが、パートナーなり、彼氏彼女なり、友達なりで困っている方の検索にはひっかかってしまうんだろうな。



スポンサーリンク