読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



重要事項なので日本語でもう一度言います

重要項目

f:id:multiplier:20150909215139j:plain

このブログのおさらいをします。。。

生まれつきの脳回路がちょっとだけ他の人と変わっている自閉症スペクトラム(ASD)、そのうちのアスペルガー症候群(今の米国DSMでは使われなくなった分類)の方々は、幼少期から本人および家族がその生きづらさで苦労されている重めの事例もあれば、私のようにちょっと変わっていると思ってよくよく分析するとやっぱりそうでしたと40過ぎてから診断される軽めの事例もあります。

空気が読めない、言われなきゃ動けない、詳細なJob description(職務記述書)がなければうまく仕事ができないのは「仕様」です。

ただ、俺は病気、否、症状持ちだから失敗したんだ、行間読めとか気が付けってのが無理なんだと開き直る「当事者」さんも多いです。

私の考えおよび私のレベルの症状では、やっぱり少数派なんだし、周りには迷惑がかかっていることがわかっているんだったら、周囲の助言をもらいつつ多数派の社会にうまく適合するよう努力しようってのが主旨です。

パートナーの嫁さんもこのブログをたまに見ていますが、「実際できてないじゃん」と言われても、マインドだけは忘れないでおきたいなということです。コメントに頂きましたが書き記すことも行動のうちなので、このブログの意義があります。

歳も歳なのでそれなりに重要な立場になりましたが、重圧に耐えられず2度の抑うつ症状で休職。職位は失うもののなんとかASDの良い面だけは持ち合わせていたようで学者肌のスキルを生かし、昔からつながりのある上司の計らいでなんとか研究職を続けています。

記録には残しておきますが、2回目の休職前は企業に居た1回目よりも多忙でした。研究機関の上司の理解もなかったのでかなり吠えています(汗)現在は、私の事例もあったのでかなりこの件に関して知識を集めたようで、非常にやわらかくなっています。正社員じゃないし←まだ言ってる。

あと20年は働かなければいけないので、今は、別の常勤任期なしの定職の研究機関の求人を探し、応募していく作業を通常業務と並行して行っています。

体勢が古いので良くありがちな研究機関、大学等にありがちな上司・部下、教授・研究員のわだかまりは往々にしてあり、部下の転職に関して邪魔をされるというのは良く聞きます。学者の集まる機関ですからASD症状や予備軍の人間なんていくらでもいます(笑)嫌がらせも陰湿です。

ここは、私の上司の親分の気質で、実績で勝負。陰湿な根回しなんてするな。信頼関係を大事に。という珍しくドライで明確な考えの部署に入れて頂いたので、確かに今の機関にポジションはないのですが、求人情報は頂いてますし、関係が悪ければ絶対もらえない推薦書も何度も書いてもらってます。非常に良い環境にいると思います。生活は不安定ですが。。。自分で言うのも恥ずかしいのですが、いわゆる高学歴ワーキングプアってやつです。プアとはいっても、子供3人、地域サッカークラブと英語の塾には行かせるぐらいの余裕はあります。前者は「社会性と礼儀」、後者は「今後のグローバル化で生抜くには世界共通語の英語が必要」という観点からです。理系に限らず、文系や体育会系にも共通な事項です。

 

ということで、嫁さん曰く「陣取りしてる時間があったら履歴書書けよ。」

ハイ、おっしゃるとおりです。

 

(追記)月一ぐらいでしか私のブログを見ない嫁さんが偶然記事を見たようで12時回る前に電話で3点ほど指摘されました.1.アプリの件でまだ言ってないことあるんじゃないの?つじつまが合わないぞ!これは後程. 2.履歴書書けよ.って全くその通りとのことで,今書類を作っているところです.現在4時前.履歴書はすでにフォーマットフリー版ならあるのですが,研究実績リスト,代表的な過去5年以内の代表的な論文等の別刷りおよび簡単な解説,今後の研究計画・抱負などのフォーマットの使い回しが利きません.やはり締切間際の仕事は質が悪くなるので良くないですね. 3.ネコの写真はなんぞ?これはフリーフォトで「引きこもり」で検索かけたらネコがコタツやら布団にもぐって顔だけ出しているのだけが出てきたのでその1枚を使っただけです.さすがに人間のは無かったです(笑)



スポンサーリンク