読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



近況報告

お仕事 ブログ一般

最近更新してなくてすみません。

f:id:multiplier:20150924173009j:plain

80kg切ったと思ったら、77㎏台まで来ました。また減量の踊り場で78㎏を行ったり来たりしています。顔が痩せたので外見的にラッキーかも(笑)でも、お腹のおそらく皮下脂肪がなかなか減らない。。。

位置アプリはほどほどに。

現在、2つの研究機関に応募中。出身大学が近いんで、学生時代の恩師の教授と、前回、助手で働き博士号を取ったときの指導教官の教授2名からから、推薦状をもらいました。

ちなみに応募していた近くの地元では有名な私立大から、企業の就活でいう「お祈りメール」、この業界ですと「ますます通知」が来ました。書類選考落ちですね。前回の中途採用も何度も落ちているので落ち込むことはないのですが、先生方が休職の件を聞きつけてえらく落ち込んでるのではないかと心配されているのはありがたいことです。

お祈りメールは、不合格、不採用通知の最後に、~のご健康と今後のご多幸をお祈り申し上げます。のような文面で締めくくられ、内容的には「残念ながら採用には至りませんでした」的なことが書いてあり、薄っぺらい封筒か、短いメールが来ます。

文頭は、~ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。で始まり。内容は不採用の紙媒体では1枚紙のため、この研究業界では「ますます通知」と言っていました。

そんな脱線はさておき、9/30締切の応募が5件ぐらいあるので、書類書かなきゃ。

 

連休中にやるつもりでしたが、がっつり休んでしまいました(汗)結構、私が楽観視しているところに嫁さんはイライラみたいです。ちゃんとやらなきゃ。

 



スポンサーリンク