読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



博士号取消し

お仕事 理系/文系 ブログ一般

f:id:multiplier:20151030184624j:plain

早稲田大学も異例の博士号の取り消しとは...

headlines.yahoo.co.jp

地盤用の杭打ちも問題になっていますが,データの改ざんはいけない...

博士論文は,国会図書館に1冊寄贈しなければなりません.ということで,私の論文も国会図書館で閲覧できますし,名前かキーワードで検索すればヒットします.おそらく持ち出せないと思いますけど.

電気電子関係だと,現象学でなく計算式に基づいて動作しますので,そこそこの専門家が見れば内容のウソはすぐにバレます.以前申し上げたように,学術論文の査読者もボランティアでやっているので怪しいのは,ちょっと計算したり簡単なシミュレーションをやれば結果・効果の「信頼性」については検証ができます.「新規性」は他の論文を調べたりしなければいけないのでGoogleのスカラー機能を使ってまずは似たような研究がないか調べます.私の当時の博士論文ネタの研究は最初の2つはクリアですが,「実用性」についてはまだまだ検討の余地ありです.

博士論文は,学位取得のための論文で,Nature,Scienceとかの有名雑誌や各種学会誌の論文とは異なります.専門家(教授数名)の審査が行われ,内容について吟味され可否が問われるのは同じです.結果が,学位が取れるか冊子に載るかが違いますけど.

基本的に博士論文を審査する先生もドンピシャの専門ではないので,専門の査読付きの学会・学術誌に学術論文が3~5本採録されているのが条件のところが多いです.

いずれにせよ,理研での成果が否定され,大学での研究までさかのぼって否定されるのは異例ですね.特許ではないですが,重箱の隅をつついたようなものでも新規性とデータの信頼性および実用性(の可能性)がちょこっとあれば取下げられるようなことはないです.

簡単に書きましたが結果を出すのにどれだけの労力が必要かは尋常ではありません.結果が出なかったり,テーマも変えたりしてもダメだったりで挫折するのは何人も見ました.単位取得修了というのもあります.

ネタのために脱線しますね.

分かっている(科学者用)履歴書フォーマットだと,「学歴」と「学位」の欄が別にあります.

私の場合には,学歴が修士課程修了の学位が博士(工学).順当に卒業する学生さんは,学歴も博士課程修了で学位も博士(xx学)となります.最近の学術論文が沢山ある企業の研究者が社会人入学して,夏休みの集中講義等で単位をまとめてとり,博士課程のほうも1年で取れるような制度になっています.ただやはり,学位のほうは認定する担当の教授もかなり慎重に事前審査しますのである高専の先生は5年かかってました.

私と逆だと,博士課程単位取得卒業で,学位は修士のままですが,通常,学位の部分がありませんので博士としてみなされます.文系では学位取得が非常に難しいと聞きます.それこそ学者になる勢いの人でないと.審査する側も成果の数値化とか客観的達成度の評価が難しいと聞いています.

脱線終わり.

で,私の研究内容は無料素材で言うとこんな感じ...

f:id:multiplier:20151030193144j:plain

上記イメージはちょっと趣味的で,実際はもっと学術的ですが説明は割愛します.

まあ,理系で博士がないと研究職に就くのは難しいですね.学位があっても定職が少なくて困ってますが(笑)

 



スポンサーリンク