読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスぺ夫の歩み寄りの限界

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20151207104303j:plain

滞ってます.すみません.実はまた陣取り(Ingress:イングレス,わざと検索に引っかかるように!)始めてます(汗)前ほど没頭はしないように.まだ自分をコントロールし切れていませんが...体重維持・運動不足解消の効果だけはあります.

本題.嫁さんからの要請もあり記事に.久しぶりのブログタイトル主旨ネタです.

1.嫁さんの話を聞かない

珍しく嫁さんが職場で大変なことがあったようで「ちょっと聞いてよ~」的な.答えは「大変だったねぇ」です.

自分(私)のことはガンガン話して嫁さんも相槌うってくれるのが通常でした.私も普通と思ってました.専門的なイザコザが多く平易な言葉を使う気遣い(?)もしてました.でも,周りの技術論のお膳立ては必要なくコアな部分のみの抽出が相変わらず下手なようで.

こうやって文章に起こして客観的に見れば,嫁さんのお母さんとの関係も大変なようで,私の対応も含めて多重苦なところをがんばってもらってます.

 で,嫁さんが珍しく職場で面倒なことがあったらしく「ちょっと,今日こんなことがあってさ」って話しかけられたんですね.ちょうど,私は,以前の記事の陣取り夫の奥さん質問投稿にあったGoogle版LINE中でした.「ちょっと打ち込み作業中だから」(←この言葉を使えとの要請あり)で話を中断させてしまいました.

自分(私)の話は一方的にして嫁さんは聞いてくれるのに,たまの嫁さん側の(もちろん良い答えは期待していない)けど,ぽそっと出てくる職場の愚痴的な発言の,私のあまりの対応にご立腹なされたようで,話し合いの場が持たれました.

ねぎらいの言葉というのが答えだったようで,自分の職場では,同僚,部下には意識して使ってます.意識しないと出てこない.自然とは出てこないのが問題点ではありますが.

思い直して対応してみても,論点がずれる(「対応」もまずいか?).これはもともとですが,

「あの人はこうだよ」(他人との比較)

「よくわからない」(自分の専門外の無関心)

「上には相談したの」(場違いなアドバイス)

 などなど.別に問題は既に解決済みですし,そもそも夫に(しかもASの)助言は求めていません.そこの見極めができません.話を聞いたらそれなりの答えは返さなければいけないというのがビジネスライクになってしまって問題個所です.

(就職活動も思わしくない)私の方に心に余裕が無いのですかね.昔のような「たわいもない会話」ができなくなってしまっています.夫婦生活が長いのに上乗せして,夫がASと来れば冷え込みます.現在は,嫁さんの私の操縦術でなんとかなっている感じですね.

「大変だったね」が言えるように...

2.譲歩と歩み寄り

このブログの説明文とかでも私なりに言葉の選定に悩みました.「AS夫が嫁にどれだけ譲歩できるか」と「AS夫が嫁にどれだけ歩み寄れるか」.もちろん意味は全然違いますし,相手(嫁さん)であれば気分を害します.

話合いの最後でおもわず「譲歩」という言葉を使ってしまいました.これは,さすがの私も「しまった」と気づきました.が時すでに遅し.嫁さんの怒りが再燃しちゃいました.これには前述のようにわかっていたことなので,蛇足なこのブログの説明文の選定に悩んだことを話しつつ,言い間違いを謝りました.

3.アスぺの歩み寄りの限界

結論です.当事者として開き直る訳ではないですが,人の気持ち,雰囲気のセンサと処理部分が欠落しているASには,状況と対処法のデータベースを蓄積するしか今のところ思いつきません.コミュニケーション処理機構が壊れているなら,状況ー対処の辞書を作って,その都度状況を検索しなければならないという煩雑さはあります.

当事者⇒健常者攻撃をする方には必要ないですけどね...これでもがんばってますよ.

 

(追記)短い文章を心がけていますが,長くなります.LINEはやっていませんが,本文中にあるようにGoogle版はやっています.ほぼ,PCからです.他者の発言した内容の確認のためスマホからたまに立ち上げることがありますが,入力環境が制限されているせいもあって必然的に短くなりますね.スマホで見ているメンバーも多く,一度「長い!」って言われちゃいました(汗)はっきり言ってもらったほうがいいんですね.

最近,推敲していないんで,変換ミス放置の誤字が多いです.言い回しや形が変なのも放置です.読み返して気づいたら内容に大きな変更が無いように随時変更していきます.ロクに書かない論文の癖ですかね.大きな改変は再投稿になってしまうのと似たような感じ.一度読んだ読者にはすでに伝わらないですし.まあ,内容の変更があった場合は,こうやって追記のような形で付け足すか.別記事にします.



スポンサーリンク