読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



こりゃ,大変!

お仕事 メンタル一般

今まで,特許出してきたけど,弁理士居ての特許.ん十万円払って,図と文章を書いてもらって,手続きしてもらっているだけのことはあります.

条件付き採録的な拒絶通知に関しても,どの請求項を捨て,残す部分に関しての不服理由を考えるかの手助けをしてもらいました.さすが資格がある広範囲の知識を持合わせる人間ばかりの事務所を構えて商売するだけのことはありますな.

いざ,予算と時間が無いからって弁理士抜きで明細書を作るのは,ある意味,苦手とする論文を書くのより難しいかも.法律用語とも特許用語と独特の言い回しが足かせになっています.

特許事務所も立てず,知的財産部からの提出でなく単独郵送手続き.もちろん出願人は研究機関名になります.今回は,30条適用ルールという学会等で発表してしまった発明案件に関して6ヶ月の特例の猶予が与えられるというものですが締切が来年早々.

昨年度は,3件出しましたが確かに,こちらがプレゼンして資料を送り特許事務所が文章を起こしたものに修正するだけ.「明細書本文を代筆」してもらっているありがたさがマジマジと痛感している日々です.

先週からこの案件に付きっきり,クリスマスって何?って感じでした.

あ,今回,精神的に安定しているのは,この件担当は私だけどプロジェクト全体のものであること,および実はプロジェクト内に特許の明細書を書ける人物に最終的にチェック&作成してもらうバックアップ体制があるからです.ただ,その人物はゼロをイチにする仕事ではなく,本来それは私たち研究者であって,その発明・アイディアを特許として明文化してもらうということですので,ある程度,内容を理解してもらうために文書なり図を用意しなければいけないということですね.

さて,どうなることやら...



スポンサーリンク