読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



研究成果も様変わり

お仕事 理系/文系 技術未分類

f:id:multiplier:20160120112008p:plain

これは自分の学術論文や国際会議論文でどれだけ引用(参考文献として前例や比較に使われたか)されたをGoogleさんが無料かつ勝手に調べてくれるモノです。

数字自身、到底自慢できるようなものではありませんが、h指標(h-index)なるものが存在して、闇雲に論文を出し数を稼げば良いかというものでもなく、他の研究者にどれだけ興味を持ってもらってその研究者の論文なり解説に引用(サイテーション)されているかが論文の質を決める1つの指標というものです。

理系のコンピュータ系であれば論文の数は、年相応と言われています。しかし1/3。いわゆる査読付き国際会議論文というちょっと敷居が低い学会予稿的なモノもあわせると40才(笑)言い訳になってしまいますが、研究期間は学生時代も合わせて10年弱。学術的な要素を伴わない技術職が合計14年ですからハンデはあります。

また、第一著者(ファーストオーサー)か?と言われると前回の助手時代の博士論文を取るための学術論文はほぼ第一著者でしたが、現在のところは規模が大きいので設計などを手分けしたり共同研究などで共著者が多く発案および執筆の第一著者の論文の数は減っています。

話戻って、この指標では、第一著者は関係なく、他研究者がせっかく引用してくれてもPDFから読み取れない場合はノーカウント。よって、あくまで指標中の指標です。

さらに、どの学会誌なの?どの国際会議なの?という有名度を示すIF(インパクトファクタ)なるものも別に存在して、評価する組織によってまちまち。

コンピュータ関連では脳に関するニューラルネットや人工知能なんかをやっていれば乗る可能性がありますが、騒動になった英ネイチャーや米サイエンスなんかに載れば、10本分だなんて話もあります。

今出てきた、引用数、第一著者か?、IF値は独立事象で複合させた評価方法もありますが、式に当てはまる訳でもなくあくまで参考にしかなりません。

 

さて、こんな話がなぜ出たかということですが、研究者の応募要件にGoogle ScholarのURL載せろなんてところも出てきました。大学なら英語で講義ができるとか、応募者の所見について意見を伺える方2名の氏名・役職・連絡先とかいうのは、推薦状の代わりとなってきました。2名日本人および2名外国人なんてところもあります。海外で共同研究なりをしてないと勝手に名前を使えませんから、ワールドワイドに活躍しているか?なんてのも見られているところです。

 

ちょっと特殊なお仕事関係のお話しでした。



スポンサーリンク