読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



なんか調子が悪い&ちょっとめでたい

アスペルガー症候群(ASD) 疾患その他 ブログ一般

調子というのは「心」のほう。まずは寝不足とCPAP装着率激減を疑おう。

マイコプラズマとその後の風邪は治ったみたい。

雇われているプロジェクトの中間発表的な準備をしなければならなくて応用を担当している我々のグループのボスの発表資料作り。共同研究している企業の研究所との連携確認と今後の進め方の折衝がややこしい。技術的なことだけだったら良いんだけど感情論が混入してる(泣)とりあえず取っ掛かりは終わらせた。

別件。

内助の功と地元に強いということで嫁さんのケアと長男君本人の頑張りの結果、高校(私立)に2つ受かってた。自分は全くというほど口を出していない。自分の高校受験のときと正反対だ。嫁さんも気を遣ってくれたのでしょう。長男くんと「教育に無関心な私」に。さすがに数学、理科の難解な問題は助けを求められるけどそれに対応しただけ。

自分と正反対とはちょっと違う?(まだ言うか!(笑))うちの親は自分の学が無いのを盾にしつつ点数や順位が思わしくなければ「ただ」怒るだけ。打開策は見出してくれない。思い出せないだけかも。30万もするほとんど使わなかった教材を買わせてしまったのは申し訳ないと思っている。何回も言い訳したけど、自分がさんざんあーだこーだ言われ続けたイジメ並行の高校受験の苦い思い出でを子供たちには味あわせたくないから「無関心(てほどではないけど)」を盾に「自由にやらせたら」って(汗)親として失格(ネグレクト)かなぁ。

長男君の英語のリスニングは既に自分の上を行っている。準2級受かってるだけあって私立特有のちょっと外れた問題にも対応できているのは彼自身の実力として褒めてあげたい。

実は、中堅クラスだけど公立のほうがこれからでそっちに受かってもらいたい。おいらの収入としては。結構、背伸びしているみたい。いまさらだけど大丈夫かな…

 



スポンサーリンク