読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



そろそろ「心」がやばい

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料 うつ病 カサンドラ症候群

f:id:multiplier:20160204154230j:plain

久しぶりに、今朝「心」が出勤を渋りました。

うつ病のときと同じ感覚です。

ボスも海外出張。技術的に継続している業務を除いて、面倒な交渉ごとや手続き作業はひと通り終えたはずです。もちろん取っ掛かりに過ぎずこれからまとめ上げていかなければいけない継続案件ばかりですがいつものことです。

ただ、今回はボスが適当(いいかげんと適切の両方の意味)に決めた、私の仕事のスタックが3つを超えると崩壊する(笑)というところで、2~3日の間、基準値越えの4でした。(細分化すれば6)技術の仕事はカウントしません。

別にこれを真に受けて意識している訳ではないですがちょっと疲れ気味です。まあ、通常のこの年齢のサラリーマンや管理職であれば10や20をこなして当然でしょう。実際ボスはアナログ的にノートに書きだして30以上毎日仕事が出入りしてます。なんどもそれを見せてもらいました。

 

朝、私の第一声「ちょっと小休止のリセットが必要かも」。嫁さんが、そわそわしだしたので(私が会社行くか/行かないかで唸っているのを見てるのが一番ストレスだ!って言いきってます)思い切って出勤しました。ちょっと遅れましたが…

各案件に対して出張先から時差でボスからメールで指示が入ってました。思い違い、考え方の相違もありましたが修正可能。ある調査案件では外部で想定外の事象が起こっていましたがすぐには対応しなくても大丈夫という判断はできました。相談に持ち込みます。(ここでの「後は任せた」は、企業での支持と全く違うので)

 

スタッフから外されて最近は良かったと思ってます。当初、降格人事も手伝ってくやしいとは思いましたが、周りのスタッフの仕事ぶりを見てこりゃ無理~と眺めてます。もちろんスタッフ5人態勢だったのに私が1人抜けたしわ寄せが各スタッフに分散されているという申し訳ない事実もあります。

 

とりあえず、主治医に言われた大休止(休職)しないように小休止(休日しっかり休む、または有給休暇でうまくストレス発散とエネルギー充填をする)に努めます。大休止をしたら3度目の復帰は許されないでしょうし、嫁さんのカサンドラにも拍車がかかってしまいます。

今が、前回の休職経験からどうすべきか(実は考えていない)が試されているのかもしれません。ASD当事者が、経験・対処のデータベースから状況を検索して対応を取り出し、必要ならば複数を組合わせて対処する腕の見せ所かもしれません!客観的に見て、尺度はみかけですが休職前の激務の1/10もないですね。

 あとは、確かに現在自分のことで精一杯ですでも嫁さんのカサンドラからうつ病にならないようにこちらも努力が必要です。努力と言っても私が出勤すれば良いことですが…



スポンサーリンク