読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



社会人、給与所得者として失格!?

f:id:multiplier:20160212163850j:plain

 先週、確かに、徹夜してまでの仕事の量、割込み仕事が2つで異常な事態でした。

苦手な上司との打合せもかなりやって方針を確認しつつ、2つの割込み仕事は片づけました。昔は得意だった、分野外の人、役人、はたまた一般の方々に対する成果やその効果の得られる原理を説明する方法とスライド作り、結構時間がかかってしまいます。くどいような説明好き、かつ最近はちょっと相手のうんざり顔もわかるので、切り上げと端折り方も学んできました。ただ、仕事、研究、人生までは行かないまでもモチベーション下がりまくりです。主治医曰くのストレス壺ではなく、エネルギー壺のほうが溜まらないのでしょうね。抽象的すぎてどうすれば良いのか、現状はわからずじまいですが。

やっとメインルーチンに戻ってきたけど、実は「納期を過ぎている」!!何の理由はあっても、納品先(スライドの取りまとめの別部門の上の方)に遅れる連絡もしていない。直属上司にも現状を連絡していない。スライドあと2枚のところで上司から内線が。昔ほどキツくは言われなくなりましたが、明らかに「給料泥棒」を遠まわしに言っている。でも、今回は、仕事量の振り方は別として理不尽・不条理は無く、遅れそうな相談を上司にも提出先にもしていなかった「私」のやり方にすべて非がありました。会社時代、2回目うつ病前には絶対なかったこの「感覚」と「行動」に自分でも腹が立ちます。

給与所得者としてはあるまじき行為に足を踏み入れた感じです。この歳になって「甘えてるんじゃないの?」と思わず出てきた上司の言葉に、反発する意思もなくただただ早くこの説教が終わって、提出先にまずは連絡したいところでした。直後の対応事項を決定してから、すぐに電話連絡。他の部門も提出遅れているけど、それは何の助けや言い訳にならないことは重々承知してます。仮に2枚のスライドが完成して、送付しても期限後なので、同じ状況になっていたでしょう。なぜ先に遅れることを連絡しない?って。

でも、ほんと、どうしちゃったんだろう?

年末の特許案件までは、ずっと設計業務の新規の考え方を入れながらもルーチンワークでした。でもこれは、給料がでていない別プロジェクトの手伝い。ただ、私の会社での経験と知見がどうしても必要とのことでおもにそちらの仕事をしていました。年末から給料が出ているプロジェクトが急に忙しくなり、そちらの対応が激増。仕事内容も外部への説明や企業との連携の確認等の半ばマネジメントの仕事ばかり。

体力的に歳なのか、老化がASDを抑えられないくらいに進んでいるのか。。。

嫁さんも一番気になり、行動如何では自分自身もカサンドラ症候群発動になってしまう、0番目の息子(ASDの私)の疲弊ぶりには戦々恐々としていてASD独自の鈍感な私でもわかるくらいでした。

仕事内容も概要を話すこともあったので、心身を気遣われながらも、稼ぎ先の仕事の対応の進捗度合いが遅いことも感じ取っていたようで、最終的にこの事態になったことは2重に叱られました。逆ギレする余地もなく、自分の甘えぶりにホトホト呆れるばかりです。

土曜日に最終打ち合わせを終わらせ、昨夜、修正・加筆箇所を全部直して、再度の詫びを入れつつメール添付で送付完。大きな仕事はとりあえず終了。送ったスライドは配付用。発表用にはまだ紙媒体にはしたくないまだ秘密な開発状況のスライドや、質疑応答用の補助スライドも足す作業が残っています。

感覚がマヒしているのか、3回目の倒れる前兆なのかもうわかりません。慣れなのかSNRIの薬が効いているのか現状平常心は保っています。

双子が社会に出るまで、まともに働けるかが自身で心配ですね。

 

このブログのアクセス解析をしていると検索が多いのですが、Googleは漢字キーワードがASCII化され変換が面倒なのでみていません。Yahooはわかりやすいです。そのまんま漢字なので。半年ぐらい前は結構過激で、アスペ 夫 旦那 死ね なんかが上位でした。定常的上位なキーワードは「離婚」(汗)最近は、「対応」「付き合い方」「カサンドラ治療法」なんか上位になってきました。認知度や理解が上がったのか傾向も変わってきました。まあ、過激な方々は既に私のブログをスルーしているので検索キーワードにも上がらないのしょうね。ちなみに「カサンドラ症候群 治療」をGoogle検索した上位はブログと心療内科で、根本的な解決法はありませんでした。心療内科のほうは、カウンセリングなどの「うつ病」「ASD」「ADHD」「LD」なんかの対応で私としては良く見る手法ばかりでした。

 



スポンサーリンク