読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



すべてが「余裕」&改善に「効率」

アスペルガー症候群(ASD) お仕事 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20160226161616j:plain

みなさま、ずっと更新していなくてすみませんでした。

「無沙汰は無事の便り」とも言います。

ブログや掲示板でも、不平不満があるときは、悪い書込みだけして良い時には報告なしの知らんぷり。負のエネルギーは大きいんですね~(私もその範疇ですが)

現在は大きな仕事も終わり、研究用の設計作業に戻っています。就活関係の不安は残りますが年度末の雑多な作業も軽めでなんとかなっています。

まずは一般論。前述「便りが無いのは無事な証拠」は、現代社会では通用しませんね。だいたいが「無事」の方で当てはまります。でも、状況が悪い方向に行っていて、うつ病突入、ひきこもり、孤独死という最悪の状況もあります。

嫁さんをはじめ、何人かの実際のリアルの知合いにこのブログの存在を教えてあるのですが、前回の記事で止まったままなので、何人かから連絡がありました。

一番、連絡したくてたまらないのは「親」でしょうね。必死にこらえているところが目に浮かびます。このように冷酷な第三者目線の書きぶりがASDっぽくもあるのですが。

で、自分の状況:「あらかた元気です」

ご心配おかけしました。この歳&ASDでも気にかけてくれる嫁さん、同輩や後輩がいることに感謝と、ボスの言う「信頼関係」とは違った意味で(相変わらずひねくれてます←私)重要だなと思う次第です。

 

さて、タイトルに言及しましょう。「あらかた」元気。全ハッピーな人たちはほんの一握りでしょう。自分の話に戻ると、仕事のミスや改善がみられないのはやはり、生活(経済)・精神(心)・時間に「余裕」がないことでしょう。最初の2項はどうしようもない面でもあり、なんとかマネジメントできるものです。時間については生活リズムの乱れです。ということで、なんとかなるもの、自らが改善に努力できるものです(今の自分に限った話です)。

話が堂々巡りしますが、努力するにはパワーや気力が必要でそこのリソースをどこに求めるかです。活動エネルギーが減り、ストレスが増えます。

珍しく切り口をかえましょうか(笑)エネルギー消費されるもの、悪いものが溜まるのであればその傾向を減速させる「効率」があります。その効率を良くするには「手法」なり「考え方」を変えなければなりません。なにをいまさら当たり前のことを、それができないから困ってるじゃん。なんて声も聞こえてきそうですが、もっと低次元で負のスパイラルに入っていたところから原因や改善策を考えようとする高次の域に居ること自体がスゴイことで、実は「余裕」ができたからです。項目で言えば、後の2項のほう(精神・時間)ですね。

・自分から歩み寄るべき嫁さんからの歩み寄り(申し訳ない)

・同輩・後輩からの声掛け(ありがたや~)

・あるきっかけで昔の友人や先輩・後輩の集まりでの近況情報交換

・最初の項にも関係しますが、家族から、かなり自由時間をもらっていること

などのちょっとした変化がありました。

 

一応、これくらいにしておきますが、忘れちゃうので覚書き。

コミュ力が無いとはいえ20年間 学生(研究)時代と社会人をやってきました。最近1人でいることが好きでパーソナリティが誰とは言いませんが(笑)Webラジオばかり聞いたり見たりいる私が「他の気の合う話し相手の存在、(嫁さんを筆頭とする)話する時間」を得るとみるみる前述の問題が良い方向に向かいます。今は定常的にこの状態が確保できないのですが一手法であることは確かです。

 



スポンサーリンク