読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



人生の岐路に。

アスペルガー症候群(ASD) お仕事 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20160311143356j:plain

最近忙しすぎて、一番重要な就職(転職)活動の公募への応募を行っていません。

前回の10件ぐらいのはすべて書類選考落ちでした。落ち込んでるんじゃないかと心配されてていました。前回の企業時代から出し続けて、全てダメでした。今回移ってきたポジションは、数年前から公募されていた職位の割に結構実績が結構必要なもので敬遠されていたものでした。何度も書きましたが元の企業が危急存亡のときで早期退職に応募しました。もちろん同時進行で現在のポジションへの応募をしてまして内定的なものをすでにもらっていました。

現在の、公募は非常に少なく、年度が明けないと出ないと思います。社会情勢の変化、今の背に腹に代えられない現状、から研究職で人生を全うする路線変更を余儀なくされています。

現在、最初の企業の先輩が部長級が再就職したベンチャー会社で、かなりの実力&即戦力が要求されますが、仕事のやりがいはあるそうで、大企業の福利厚生期待できません。

ちょっと、迷ってます。これだけの転職人生。研究職の狭き門。今度はちょっとよく考えます。

 



スポンサーリンク