読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



研究職退職意向&嫁さんカサンドラ症候群症状MAX

カサンドラ症候群 お仕事 うつ病

f:id:multiplier:20160312163752j:plain

現在の職場の上司に「退職宣言」しました.

もう,この人生で研究職には戻らないでしょう.

負け惜しみではないのですが,Dr.学位も取り,1年でも上級研究員の役職をやらせていただきましたので,以前にも書きましたが子供のころからの夢はかなった形です.

その昔,夢とか人生の目的みたいな話もしましたが,技術者として働きながら,現在とはまったく別分野の内容をアマチュアで独学研究を進めたいと考えています.

万が一(笑)何か成果が出た場合には,会社から出すわけにはいかないので,会社の許可ももらって知り合いの先生とその大学を通じて査読してもらう形になると思います.

これだけ書くとどの分野かピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか.

 

さて,では応募する会社のほうは,まだ内定ももらっていない状態、さらには面接すら受けていない状態で元企業の技術的に崇拝する先輩でもあり上司でもあった方の紹介です。

応募する会社は技術者が足りない状態で経験者・即戦力技術者を急募していますが、会社ですので私の経歴から察してすぐに辞められても困るでしょうから慎重になると思います。現在、元上司の長年の企業経験および管理職の立場で、公的研究機関・大学応募とは全く違う、履歴書と経歴書の書き方のアドバイスを受けています。さらに面接への対応の仕方まで指南を受けています。良い年した妻子持ちのオジサンが何してるんだという感じですが、研究室時代の先輩・現ある大学の准教授に相談したときに「家族を守るのが先決だろ!頭下げて相談するしかないじゃん。昔のしがらみみたいなことで勝手に悩んでいる暇なんてないだろ?」と当時言われました。今はまさに形振りかまってられません。

 

ここにきて、失敗をしました。通常、転職は転職先の内定をもらってから現在の職場の上司に退職する意向を表明するのが普通のフローです。前回と同様、次が決まってもいないのに現職の退職宣言をしてしまいました。実は細かい事情があるのですが割愛します。衝動的発言ではなかったことは明記しておきますね。現状報告をしているときに話す機会を逸していた状態で「時期」について話せる機会はここだ!と思い発言しました。もしかしてこれが衝動的??

 

ブログ本題です。嫁さんのカサンドラ症候群によるうつ状態再発させてしまいました。最悪な夫ですね。先に相談してくれればよかったのにって。確かに元上司の指示がとっさに読み取れないのと、嫁さんの意見が元上司の考えと一致する常識的なことに自分が如何にマイノリティなのか思い知らされています。いままで、社会人やってきた自分の人生を疑います。

応募先の元上司の親身の教えをいちいち確認しつつ、現在、採用をより100%に近づけために邁進しているます。嫁さんは現在表向きはなんとか平静を取り戻してくれています。現在は私が平謝りで、アドバイスしてもらっているところです。しょーがねーなと教えてやるか、っというので少しは気が晴れてくれればいいのですが。

この件が始まった頃には、さすがなのか、影響するすべての心配事に押しつぶされそうになったそうです。CPAPつけ忘れて寝ている私にも反応してしまうそうです。ホント申し訳ない。この後、家族ともども良い方向に向かうように努力します。

 

最後に、嫁さんをはじめとする、もちろん現職上司も含めて、手を差し伸べてくれる方々に感謝致します。この世の中、親戚・親類と言えども冷酷です。本当に支えてくださる方ありがとう。これからもよろしくお願いします。

現職上司がその組織で味わっていた、騙されたりうまく使われたりと、すべてが良い話とは限りません。「騙したりはいけないが、騙されないように」は正論です。人の言うことをすべて信じてしまうところに自分なりのフィルタをかけながら今後頑張っていきます。この場合は、関わって浅い人間関係に限るのでわかりやすいといえばそうですが。

 



スポンサーリンク