読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



布石を打つかなぁ

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料 お仕事

f:id:multiplier:20160406191944j:plain

疑問点

この素材のタイトルそのまま。

2つあります。

1.この研究機関を退職するに当って、まだ手続きが開始されない。

ただ言えるのは、自分には何の問題もないこと。前の記事のように、博士学位取ってから助手もすんなり辞められたし、今回も客先になる可能性があるから円満退社して次の職の受注を受けるかもの関係になりたいくらいです。どうも、私が前企業に行っていたときに、ここで何かしら起こっていたようで、私の退職に対して波風立てたくない、組織に対して誤解が無いようにという想いが感じられます。

状況は分かったけど具体的にどうすればいいのかが全くわからない。手続きでもなく、指示でもなく、いったい何なんだ?と。前の企業の雇用整理のとばっちりで拾ってくれた恩もありますし、給料分以上の「技術的な働き」はします。けど、わからないんですよ。何となく聞けとか、内々にとか、誤解の無いようにとか、あまりにもvague過ぎます。さっき事務方に上司がその辺を気にしてるって言ったらわかりますだって。ええー!なにこの疎外感(笑)それって私がASDだから?この組織に居なかったから?

転職先には7/1中途入社で手続きのGOを出しました。事務方にも6/30までには手続きを終わらせたい意思も伝えました。

なにか、ここに来て、この組織の私の見えないところに何かあるようで…というより何かあったようで、繰り返したくないというのがKYな私でも感じられます。

まあ、自分には落ち度もないし、この件については聞きまくって具体的な指示を仰ぐしかないと思ってます。

ここに追記)自分にまったく問題無いは言い過ぎですね。他研究機関、研究ができる他大学に移籍ができパーマネントなポジションを得て、共同研究の形で今の業務をつづけられれば問題が無かったと言えます。企業では当たり前で、管理職側になったことはないですが、課長以上で部下が辞めたり他の部署を希望したりすると、部下に適切な仕事環境を与えられなかったという組織マネジメント力の履歴にキズがつき、昇進に影響すると言われてます。都市伝説かもしれませんが(笑)アメリカでは、有能な技術者はすぐ転職しちゃうので引き留めるのがマネージャの仕事の1つというのは良く聞く話です。研究機関や研究大学は基本ちょっと違います。一旦外に出て戻ってくるなりそのまま他機関に転職しながら昇進していく感じです。ただ、最近は根性論が通用しなくなり、大学や研究機関もパワハラが内部告発され始め、研究機関ではユニットのリーダーなどの上級研究員、大学だと教授ですかね。組織の管理能力が問われるようになってきました。

 

2.自分のことです。ここに来てブログタイトルに反することを嫁さんにしている。

こちらがメインですね。わかっているんだけど、ある程度のデータベース&検索という学習機能を身に着けたんで対応というか歩み寄りに努力しています。あーこういう態度取っちゃダメなんだなとか、これ言っちゃいけないだろうなとか、これは自分からやるべきだろうなとか。ここに来て、精神的余裕が無いのか、全然できていません。逆に拍車をかけている感じが自分でもします。煽るまではしませんが。現在、全く歩み寄りができていません。

とにかく、嫁さんにはごめんなさいです。問題点の分析と対策を急ぎます。

一言でいってしまえば転職関連の騒ぎの張本人の対応の悪さと事態の収拾能力が全く追いついていない、子供たちへの接し方の問題までは分かっています。後でもうちょっとブレークダウンしてみましょう。確かにこうやって書くことで整理されます。

 



スポンサーリンク