読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



生きてるよ~

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD) パニック障害(PD) 考え方を変える材料 お仕事

うん。ボスの言うように、やっぱり仕事に気合いが入らない。

明確の指示なし。考える時間があるので、矛盾点に気づきやすくなりました。

雇用されているプロジェクト(PJ)と、おいらの知識と経験が必要なPJの同僚に対しては技術を残さねば!

**覚書き**

・嫁さんのカサンドラ症候群がひどい。もちろんおいら起因。対処していない。気持ちに余裕が無い。おいら自身が常に少々パニック(発作)気味。

・最近の並列して走っているPJ関係でコタゴタが発生。根本的原因の1つにおいらも関わっているらしい。

・陣取りゲームの地域オフ会の幹事をやったりなんかして(笑)

・盛り上がらない花見。

・追い越し禁止の標識。

・転職に向けて着々。こっちのほうの上層部への情報伝達は基本完了だが、「うわさ」を意識してか手続き開始を遅らせている。

・前述のとおり、ゴタゴタの全容が明らかにされたが最初の選択をどちらにとってもリスクがあったこと。

 

ちょっと、精神的にキツイ、しんどいです。病的なものでなく、通常の社会人が感じるものです。

 

 



スポンサーリンク