読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



生きてるよ~その2

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

ブログ更新してなくてすみません。

・GWですが,暦通りのため本当に飛び石連休でした。

・5/6納期の前年度実績報告書と,進捗スライド案を作ってました。ダメ出しを喰らって修整中です(泣)

・嫁さんのほうは、他の方のブログや、どこかのTV局で数年前カサンドラ症候群またはアスペ配偶者、お子さんを持つ家庭について数年前に特集番組があったらしく、その掲示板が残っています。あまり良くないことですが、他の似たような境遇の方と比較してみたようです。嫁さんから見ると、うちはまだましなほうで参考にもなるし、ここの家庭は相当大変そうだといろいろと評していました。いまさらですが、うちの嫁さんも私に対応するスキルアップ(潰しが利かない)をしています。ただ悩むのではなく、私に対するだいたいの対処や、期待をしても諦めなければならないモノがある、NGワード、技術者ASDゆえ逆に頼める(利用できる)手法等を心得ているようです。

・上記のこともあり、子供も居るのに離婚まで追い詰められているご家庭もありますが、今回の転職での負担の軽減をいろいろと考えているようです。

・引っ越し先とか、まだ決めてません。来週中に上司を含めたスタッフが学会参加のため不在になります。急な仕事は降ってこないと思いますので、2日間くらいお休みいただいて、単身者用アパートを決めてきたいと思います。

 

とりあえず、こんなところです。

 



スポンサーリンク