読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



2つほど

ブログ一般 カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

英語だけの飲み会(正式)あり,オフ会ありで引越し準備がなかなか進みません.

1.ツイッターがASDの自分でもやはりあまりにも痛い内容をつぶやいているのでブログとの関係を分けました.

2.検索してたら2007年ぐらいのmixiのアスペ夫(だった)元パートナー・元奥さまで離婚を選択された方の200件くらいの書込みの最初の2ページぐらい(50件ぐらい?)を斜め読みしてしまいました.いかんなぁ.元アスペ夫の仕打ちを書込みの表現をそのままで取ると相当ひどい生活だっただろうし,夫側の行動・発言にも悪気が無くても耐えられないだろうなと,自称軽度ASDの私が思いました.

シングルマザーになって特に経済的に大変になったけど,一緒にいるほうが断然苦痛だったとの意見が全部.離婚してASD夫から解放された書込みに対して「おめでとう」の言葉ばかり.古い書込みだし,どこぞの当事者が健常者みたいに機論もする気も無く,一応第三者目線で読んでました.

印象に残ったのが,彼,後の夫がADHDの発達障害を自らわかっていながら「隠していた」とのことです.結婚してから性格が変わり「騙されていた」.結局,我慢の限界で離婚を選んだそうです.

何度も書きますが(←これも,ASDなりの予防線らしい),うちの嫁さんも,ASDと分かっていたら,私と結婚しなかったと明言してますし複雑な気持ちです.ただ前述の書込みと違うのは,私自身も結婚して10年後にわかったということぐらいですか.

発達障害の遺伝は,まだ研究段階ではっきりしたことはわかっていませんが,素人目の傾向的に多いような気がします.女性から見れば「生物学的」に見ても心身ともにまともな男性を選びたいですからね.強い種を残すために.

社会性,法治国家,人権,生産性などを言い出したら話は平行線のままです.次元(土俵)が違いますから.

今回の結論としては,ニュートラルな気持ちで健常者側の意見も見てみることも悪くはないなぁと,そこで「何言ってやがる」って気持ちにならないのは,経験データベースが機能し始めているのと,ASDなりに気持ちに余裕があることですかね.

「嫁さんに何ができるか?」なんて言ってますが,私に欠けている部分を嫁さんに常に補ってもらっているのがなんとなーく感じられるようになりました.

いつもいつもありがとう!!

 



スポンサーリンク