読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



納品寸前

お仕事 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20160919133119j:plain

1か月半も更新してませんね。すみません。

委託業務も終盤を迎え、納品に向けてバタバタです。

モノといってもこの業界では電子データです。客先に常駐して作業をするのでそこのPCというか共通して使っているサーバーマシンの指定箇所に、各作業結果や作ったものを置く形です。

営業契約上、お客の受領ハンコが必要です。どこに何のファイルを置いたかというリストを作って、それに納品書なるタイトルで業務内容概要、期間、納品日等々の情報と受領印欄を記した紙が表紙になります。

この1か月半の出来事を簡単に項目で。

・予定納品日に間に合わず延期

・2回目のダメ出し報告が上層部から本社へ通達

・こちらの言い分としては、納品直前にもかかわらず、バグや不具合(ほとんどが委託側のモノ、それを見つけるのが我々の業務ですが。こちらのバグは委託側の仕様が不完全で認識違いで作りこんだもの)が見つかりその対応をしています

・委託担当技術者は、前記事のように委託するのが初めて。お互い最後のまとめ段階でどうすれば良いか、切り上げのタイミングを逸してます

・当社上司曰くの「新規内容であってもできるだけ対応するように」を守ってきましたが、いくらでも出てくる新規業務をどこで打ち切ればいいかの判断がつきません

・担当技術者とその上司(進捗・納品物の質にしか興味のない)との間で認識が異なっている。ダメ出しがあったように一方的にこちらが悪者になっている

・どれだけの追加業務をこなしたかは上には報告されていない模様。まあ、競合の受託請負会社がひしめくこの業界だったら、できるだけのお手伝いはしまっせ。それによる進捗の遅れの非難は許容範囲(もちろん、本業の納期を勘案して「できないこと」を「できる」ということは一切ありません)

・とはいうものの終わりはしっかりまとめないといけません!ASDでもわかります

・担当技術者も無理を言っている認識はあるらしく、さらにその上司から我々請負会社の技術者のハンドリングのまずさにお客の会社内でクレームがついたようす

・うまい着地点というか落としどころを提示してきて(本当はこちらが提案すべき)それをもとに今月末までに終われそうなリストを提出

・業務の実績は未だ途中のものもありますが、ほぼ達成してます。ただ報告書の類が1つも出ていない・承認されていない(私は2つほど出していますがOKがもらえない)

とまあ、〆に向けての調整で四苦八苦な状況です

 

先月はというと。

・進捗報告内容のわかりにくさ、1項目について到底終われない業務なので方針変更を要求したときの提案力のなさ、私の管理能力について1回目のダメ出しが本社へ通達

・何かしらの対策案を提示しなけれないけないとのことで、管理職経験のあるメンバ1人をサブリーダ協力者して管理業務強化ということで一旦収束

・(一応得意とする)設計業務を2項目引き受けたけど、その後の付随する設計者検証業務(以前の会社では専門の人に任せていた)の作業量が多すぎて、チーム内で分担する騒ぎに

・土日は休めるけど、通勤時間もあって、帰るのはいつも午前さま

・土日は平日の疲れを取るだけ

こんな感じです。

 

さて、今回も嫁さんネタはほぼ皆無ですが、自分のASDネタ、精神は大丈夫か?です。

・精神的には比較的安定。なんかソワソワしてるときは薬を飲み忘れてるとき

・データベースない交渉ごとで、いままでの知識・経験だけで補完対応するのは無理がある(臨機応変というレベルじゃないと思う)

・仕事上の不条理・理不尽さはある。あくまで業務上であるので、腹も立ちもしないし状況打開の建設的な思考へ(やはり史上最悪の理不尽さを無意識的に比較してるのかも…)

・計画性のなさ、仕事の進め方は相変わらず無駄が多いかも(特質なんで気にもしてないけど、周囲に迷惑がかかるのでそれがちょっと心配)

という訳で、多忙ながらも落ち着いている感じですね。

 

取ってつけたような、残してきた嫁さんをはじめとする家族とのやりとり。

・Google版LINEでたまに業務連絡&Skype機能でお話しするぐらい

・お盆休みは、私の実家のほうで合流して過ごしました。ちょっと遠出でしたときにちょっとしたトラブルで険悪な雰囲気に。すぐに解消され、嫁さん自身も大した苦にも思ってないと思うけど、コミュ障健在と自分自身が思った次第

・嫁さんの実家(家族がいるほう)には帰れていない状況。この委託業務が終わったら(延長なしは宣言されているので)週末に帰りたいと思います。10月?

そんなところかな。

 

忙しい中、久しぶりに女性声優の出演する映像付ラジオを見ました。いつも推している声優さんじゃなくてそのお友達の。結構いろいろなゲスト(といっても声優が多い)とのトークをこなす40代の男性パーソナリティとのお話し開始早々、映像付なので一発でこの人、何かか抱えてる!ってわかっちゃいました。

簡単な話、相手の目を見て話さない。その後のトークで自ら「コミュ障」をカミングアウトしてました。もともとわかっていたかもしれませんが、その業界に入って自分を変えようと努力していくとのことで、がんばってほしいものです。

あと、何かの就活記事から辿っていったのですが、8割方?の人間が何らかの発達障害を持っていると。ここで発達障害の定義がかなり広義なものになり、精神医学で分類されているものではないことはすぐにわかりましたが…まあ、完全な人間なんて居ないわけですよ。

最近の成長は、

・自暴自棄にならない

・自己顕示欲を出さない(自分調べ)

・高望みをしない

かなぁ。

ではでは、今月がうまく収束し、来月はもうちょっと楽な仕事になって更新頻度が増すことを望んで。

 



スポンサーリンク