読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



臨機応変:何それ、食べられるの?

アスペルガー症候群(ASD) お仕事

夫婦関係以前に、仕事にて

・あの(例の)件どうなった?

・じゃあとはいつものとおりにやっておいて

・てきとうに処理しておいて

などが一番困ります。「指示代名詞」と「あいまいさ」がASDの天敵です。

ASDでなくても、話し手側、聴き手側にお互いの考えの齟齬が生じてトラブルになっているのは良く見かけます。

上の例だと「あの(例の)」「いつものとおり」「てきとう(適切の意味ではなく適度の意)」がアブストラクトです。話し手側の繰り返しで指示代名詞が使われますが、その都度コンクリートな表現が必要です。

多忙になってくると指示系統が自分基準で話してきます。「有能」な部下は経験や今までの履歴を駆使してほぼ100%あいまいさを回避・解釈し結果を出します。さすがに判断できないときには指示を仰いだり確認する周到さです。

未踏の仕事になればなおさらです。その場の自分の経験や知識をフルに使ったその場での最適の対応:「臨機応変」さが求められます。もちろん健常者でも成功率は下がります。

通常業務においても、あいまい指示で意志が伝わらないとき「臨機応変」さが足りないな。なんて言われることがあります。

技術面でいえば、ツールが動かないなどのトラブル発生時、経験・知識データベースから、解決の引き出しが幾つかあり、それを順番に試すと当たり!で解決することが多いです。仕事で使うツールや間違い等のトラブルは大体、作りの言語が同一であること、陥りやすいミスもほぼ似通っていることなどから類推がしやすいです。

人間の指示は個人差もありますしデータベース化し難いです。ある日本の研究では10%が潜在的なこのようなあいまいさに対応できない「発達障害」が潜在していると言います。

「うつ病」「障害」と聞くと一気に態度を変える古い人間が多々上司にいました。その対応は「排除」です。悲しいですね。自分もその仲間かもしれないのに(笑)

現在は、ASDを含む発達障害の方は、指示に対してまったく動けない訳ではないので、どう効率よく指示を出すかに考え方が変わってきています。すでにあるリソースをダメ出しするのではなく(何の解決にもならない)、どうやったら効率よく仕事してくれるか指示系統が変わる傾向にあります。幸いなことにスペクトラムといいつつ多様性があり対応が難しいかもしれんませんが、大きな会社ではすでにマニュアルがあるように、一定の法則があるのでそれに従うだけです。

健常者の上司からすれば面倒極まりないかもしれませんが、部や課などのグループ全体のパフォーマンスが向上すれば、それくらいの指示の出し方の面倒さは受け入れてほしいです。

一般的な例は、前述の逆、指示代名詞は使わず

・○○会社のxxの案件はどんな現状?

・(前回、何月に)△△で対応した方法で今回の件を試してみて

・(何度かやっている)□□のやり方でやってみて

などとなります。

あと、スタックを積まないで1つ1つの指示に分割すべきです。メモで対応できるレべルの軽度ASDの方もいますが、基本一度にたくさんの仕事を振らないのが吉ですね。

最後に、この記事のタイトルにも関係しますが、予定は前もってスケジューリングしておくことでしょうね。しかし状況は刻々と変わりますので寸前の予定や指示の変更に「臨機応変」さを期待して「結果」を「期限内」に求めるのはほぼ不可能です。その都度に応じたブレークダウンした指示が望ましいですね。

 

まあ、ASDの方は処理能力はありますので「仕事に対しては」コンピュータみたいなものです。コンピュータはプログラム(指示のリスト)がないと動きません。もちろん、ASDの方も人間ですから本当のコンピュータにはできない創造したり、自律的に目的を持ったりできます。あくまで仕事に対してです。

以前、記事にしたかもしれませんが鉄人28号を操作する少年の指示がスゴイです。「行け鉄人!」「負けるな鉄人!」この指示で戦える鉄人は、ほぼほぼ人間でしょう(笑)



スポンサーリンク